The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

体育館木床損傷箇所点検及び補修要領

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀内です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。
今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!
スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。
またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

体育館木床損傷箇所点検及び補修要領について

体育館フローリングの部分修繕です。

事前に損傷箇所をチェックして、番号を振ってテープを貼りつけます。
このチェック作業もなかなかの重労働です。
広い体育館の中を隅から隅へとひたすら下を向いてチェックします。

これにもコツがありまして、普通に歩いていると結構見逃してしまうものなんです。
ですから、ゆっくりゆっくりとチェックしていきます。

ふぅ、今日は何歩歩いたろう、万歩計持って来ればよかった(笑)
チェックの結果は、損傷箇所なんと48か所!!
内訳は、張り替えが23か所、パテ埋めが10ヶ所、研磨塗装が15ヶ所です。

補修要領としては、
「張替」損傷箇所を部分的に撤去・復旧します。もちろん、削った後は着色塗装します。

「パテ埋め」ほんの微量なササクレ・割れ部には、これ以上広がらないよう処置した後  隙間部にパテ処理をします。
「研磨塗装」写真右上部のようなへこみキズは、削って平滑にしたのち着色・ウレタン塗装を行います。

工事完了後の各所チェックでもひたすら歩いたのは言うまでもありません。

保坂司
ツカサ

体育館の床点検及びメンテナンスお任せください。
現場調査から補修提案までさせていただきます。