体育館間仕切りネット・防球ネットはどう直す⁉修理方法と価格帯

体育館間仕切りネット

体育館間仕切りネット・防球ネットはどう直す⁉修理方法と価格帯とは

損傷毎の修理方法

体育館の間仕切りネット(防球ネット)破れたり切れたりして困っていませんか⁉
そんな時、どうすれば良いのでしょうか!!
ちょっとした切断の場合は自分で結べばとりあえずは処置できますが、広がらないようにする必要もあります。
許容範囲を超えてしまっていたら業者によって応急処置をしてもらいましょう。
中には、そういった小回りが利く業者がいます。

また、使っていない間仕切りネット(防球ネット)が体育館内にあるなら交換するのも一つの方法です。
その場合、交換費用だけで済むことがあります。

全体的に劣化が進み、交換の時期かなと思った時には、その価格が気になると思います。
ただ、一概に価格を断定していうことはできません。
現場は、百あれば百通りの状態で、施設の条件なども異なるからです。
体育館の間仕切りネット(防球ネット)の交換時に掛かる費用を算出するためには、どんな内容の工事が必要になるのかを判断しなければなりません。
内容としてはネット本体・ネット開閉器具メンテナンスの有無・ネット設置のための設備などがあります。
また、ネット及び設備には、様々な種類があるため確認が必要になります。

ネット本体はインターネットなどで購入することもできますが、基本的に体育館用のネットはオーダーメードになります。
ネットだけ購入してみたものの取り付けられず、業者に依頼したら高くなってしまった。
こんなことにならないよう防球ネットを取り付けられる業者に依頼しましょう。

自社で施工できる職人がいるかいないかでも価格は変わってきます。

防球ネット本体価格の目安

体育館のネットのマス目は100mm~使われることが多いです。
当然ですが、マス目が粗ければ粗いほどコストは安く済み、細かければ細かいほど高くなります。
ボールが大きいものであれば粗いものでも大丈夫ですが、卓球の玉なども防ぎたいとなると細かいものを選ぶ必要があります。

ネット規格目合い単位
ポリエチレン400d/60本/100mmグリーン700/㎡
ポリエチレン400d/45本/100mmグリーン600/㎡
ポリエチレン400d/40本/100mm(防火製品ラベル)グリーン1,000/㎡

※運賃・工事費・ネット取り付け・組立費などは含まれておりません。
※メーカーによっては製品の仕様・価格などが予告なく変更することがあることをご了承ください。

防球ネットの施工はどうやって行われている⁉

防球ネットの工事はどのように行われているのでしょうか⁉
下記から防球ネット補修、全張り替えのようすがご覧いただけます。

▶防球ネットのことや施工について

防球ネットの疑問などございましたら、コートラインプロにお問い合わせください。

関連記事

  1. 床金具が開かなくなる理由1

    体育館フローリングの伸び縮みの原因とは!?

  2. 塗装された床面の日常の清掃管理に!『塗装床メンテナンス用クリーナー DPCフロアドレッシング』

  3. 競技用フローリングの新しいメンテナンスシステム!『ウレテイト水性2液 オーバーコート』

  4. 体育館・武道場の維持管理

    そのメンテナンス適切ですか?体育館・武道場フロアの維持管理の在り方とは?

  5. 体育館のワックス掛けは危険

    体育館のワックスがけの頻度が高いとどうなる?

  6. 中学校体育館改修工事鋼製床下地

    体育館床構造「鋼製床下地」

専門家サイトでお答えしています