体育館の床に合うお手入れ方法で競技に適した滑り具合を実現

体育館の床に合うお手入れ方法で競技に適した滑り具合を

スポ女子チエ

こんにちは、コートラインプロのチエです。
ところで、体育館床のメンテナンスどのように行っていますか!?
何ごともそうだと思いますが、間違ったメンテナンスは返って不具合を起こすんです。

ツカサ

コートラインプロでは、スポーツフロアメンテナンスについて、良く知りたいという方向けにメンテナンスのためのサッシをお届けしています。
施設管理者さまなどにご利用いただければと思います。
より良いフロアコンディションの体育館を開放していきましょう。

施工完了。新築時のポリウレタン樹脂塗料で仕上げた時の状態に戻します施工完了。本来スポーツフロアに最も適したメンテナンスでグリップ力回復

新潟県内の体育館にて床の補修及びウレタン塗装工事を行いました。

こちらの体育館では、定期的にウレタン塗装での床のメンテナンスを行っていただいております。
体育館や武道場のようにスポーツで使用する木床は競技に適したグリップ力(スベリ具合)でないと競技に支障をきたしたり、スベリ過ぎる床では転倒してケガをする恐れがあります。

本来、体育館の床に最も適したメンテナンス方法はというと新築時のポリウレタン樹脂塗料で仕上げた時の状態に戻してあげることが一番です。

塗膜が摩耗したスポーツフロア―を放置することで、滑りやすくなるだけでなく、フローリングの素地が現れてしまいます。
この状態では汚れや水分からフローリングを守ることはできません。

スポーツ競技に適したすべり係数の数値内で設計されている塗料

なぜウレタン塗装が理想なのか!?

ポリウレタン樹脂塗料はスポーツ競技に適したすべり係数の数値内で設計されている塗料です。

日々スポーツで使用する体育施設の床ですから床の性能も少しずつですが低下してきます。
ある程度のサイクルでポリウレタン樹脂塗料の再塗装をお勧めします。

研磨塗装・スポーツフロア―工事・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―工事・屋内スポーツ設備工事・鋼製床下地工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!

関連記事

  1. 体育館床コンディション

    体育館ウレタン塗装に掛かる日数はどのくらい⁉その工程を知ろう

  2. 体育館床下地に求められる性能

    体育館の床下地に求められる性能とは?

  3. 体育館用モップ

    体育館掃除用に適したモップの種類と価格帯

  4. 体育館のワックス掛けは危険

    体育館のワックスがけの頻度が高いとどうなる?

  5. 塗装された床面の日常の清掃管理に!『塗装床メンテナンス用クリーナー DPCフロアドレッシング』

  6. 中学校体育館改修工事鋼製床下地

    体育館床構造「鋼製床下地」

専門家サイトでお答えしています