夏場の体育館や武道場の暑さ対策について

気化式冷風機が普通の扇風機と比べ凄いワケ

事務hori

みなさん、こんにちは、体育館メンテナンスの専門業者コートラインプロほりです。
ところで、暑い体育館つらいですよね~!
私たちも、現場調査やら施工やらで一年通して体育館にいますので、その大変さも分かっているつもりです。
そこで、本日は体育館の暑さ対策商品をご案内します。

霜鳥裕達hiro

商品は冷風機になるんですが、字で書いたごとく、ただ扇風機のような風がくるだけじゃないんです。
気化熱を利用しているため、冷ややかな風が来るんです。
クーラー未満、扇風機以上と言ったところでしょうか!?
良く扇風機の前に氷を置くと冷ややかな風がくるっていいますよね~
そーあれなんです。
担当さんにご来社いただいた時にいろいろと聞いてみました。
それではご覧ください。

外壁より悪い状況になることも‼

 

夏場の暑い時期、体育館や武道場内へ直射光が当たるといったことはあまりありませんが、対流が生じずにうつ熱状態になるので屋外よりも暑熱環境的には高温の悪い状況となりえます。
うつ熱状態にも

対策として窓を開ける事で風を通し空気を循環させることが上げられますが、体育館や武道館は積も広いので窓を開けるだけでは室内の暑さ対策については不十分です。

最近では大型扇風機を使用されている施設様も増えてきました。

扇風機は空気の循環には適していますが、部屋の温度を下げるという点では風の温度が変わる訳では無いので空気熱そのままの風で冷やすといった考えでは厳しい側もあります。

熱中症

今回は空気を循環できる上に冷やした風を出し体感温度を下げる事ができる環境に優しい気化式冷風機をご紹介します。

気化式冷風機について担当さんに詳しく聞いてみました

霜鳥裕達hiro

気化式冷風機のRKFシリーズですが、熱中症対策として販売されているそうですね。
どんな、特徴があるのですか?

山崎さん

はい、この商品はクーラーなどと違い気化熱を利用して温度をさげる方式なので、運転コストがかなり抑えられます。
その消費電力の違いはスポットクーラーの1/8程度となります。

霜鳥裕達hiro

気化式冷風機とのことですか?際に温度はどの位下がるのですか?

山崎さん

そうですね、パンフレットにもありますが湿度40パーセント・気温30℃の環境で外気を取り込んだとき吐出口から送風される温度は22℃、また湿度40パーセント・気温35℃では26℃の温度となります。

霜鳥裕達hiro

結構下がるんですね。スポーツをされる生徒さんや選手さんの熱中症対策によさそうですね。際にどんな所で採用されているんですか?

山崎さん

今、言われたように学校さんには、徐々にですが浸透してきていますね。
導入いただいている主な場所は、工場をはじめとして、ホテル・幼稚園・保育園などです。
部屋全体を、クーラーのように冷やすと言った扱いで考えるのは難しいです。
体育館の場合には入隅に置き、涼しい風を出すことにより温度の低い場所(スポット)を作ります。
激しい運動をされた生徒さんや利用者さんが、体温を冷やす場所として利用することで熱中症予防になります。
ただし球技によっては風が強すぎて障害になってしまうので、一時的に停止するなどの対処が必要です。

霜鳥裕達hiro

結構下がるんですね。スポーツをされる生徒さんや選手さんの熱中症対策によさそうですね。際にどんな所で採用されているんですか?

山崎さん

今、言われたように学校さんには、徐々にですが浸透してきていますね。
導入いただいている主な場所は、工場をはじめとして、ホテル・幼稚園・保育園などです。
部屋全体を、クーラーのように冷やすと言った扱いで考えるのは難しいです。
体育館の場合には入隅に置き、涼しい風を出すことにより温度の低い場所(スポット)を作ります。
激しい運動をされた生徒さんや利用者さんが、体温を冷やす場所として利用することで熱中症予防になります。
ただし球技によっては風が強すぎて障害になってしまうので、一時的に停止するなどの対処が必要です。

霜鳥裕達hiro

お客さまのご要望があれば、際に体感していただけますか?

山崎さん

早めに言っていただければ、ご用意して伺うことも可能です。
際に体感していただくことが、ご導入を検討していただくうえで大切なことだと考えています。

霜鳥裕達hiro

ありがとうございました。

最後にお客様に向けて一言お伝えします。
私も体感してみましたが商品の価格や光熱費を考慮してこの涼しさであればコストでも優れていると思いました。
熱中症対策をお考えの方は採用を検討してみてはいかがでしょうか?

電&熱中症対策の決定版!ノンフロン&省エネ冷房『気化式冷風機RKFシリーズ』のご紹介

気化式冷風機RKFシリーズは、体感温度を大きく下げるエコな冷風機です。
rkf熱中症対策として風に当たることは、有効な手段の1つです。
RKFシリーズは、周囲温度より5℃低い涼風を、強い風速で、より遠くまで送ります。
また、水の気化熱を利用しているので、消費電力もCO2も大幅に削減でき、地球環境に配慮した製品です。
タンク、エレメントの取外しが工具不要でメンテナンスが楽です。清掃も簡単にできます。
平成27年4月『フロン排出抑制法』が施工されました。RKFは水冷ノンフロンタイプの為、フロンに関する手間が一切かかりません。

水の力で自然な涼風。快適な機能

涼しさを、より強く、より広く、より遠くに。

従来よりも幅広い範囲への送風が可能になりました。
■上下・左右にオートスイング RKF701・505・405
rkf3m先で風速3.1m(RKF405)
上下スイングで体全体に涼しさを届けます。
rkf左右スイングで涼しさを幅広く届けます。
■選べる風量
rkf好みに応じて強中弱の風量を選択できます。便利なワンタッチ切替え。

ラクラクメンテで、いつも清潔。

■RKFは、簡単に掃除ができる構造です。
タンク内の水は必ず汚れてきます。タンクの掃除が必要になります。
rkfタンクと本体がワンタッチで切り離しできます。
rkfタンクは手軽に引き出せます。
rkfタンクには大きな開口部があり、簡単に掃除ができる構造です。
■冷却エレメント交換が簡単。
冷風性能、清潔さを保つ為、定期的な冷却エレメント交換が必要です。
rkf冷却エレメントは工具レスで交換ができます。
(交換した冷却エレメントは、可燃物として処理できます)
■消臭パックを標準装備。
消臭パックはニオイの発生を抑え、水回りを清潔に保ちます。1個で約1ヶ月効果が保たれます。
rkf消臭パック

rkf消臭パックをタンクフィルター部に入れます。
■収納カバー(別売)をご利用ください。
rkf
RKF405用収納カバ

排熱なし

スポットエアコンのように排熱が出ることがありません。
rkf

高い安全性

吐出口が網形状で指が入らない安全構造。
大きなキャスターでラクラク移動。
rkfRKF701・505・405
吐出工が網形状で指が入らない安全構造。
rkf大きなキャスターで移動も楽にできます。

広さと用途に合わせて様々なシーンで大活躍

広さと用途に合わせて選べる充のラインナップ。熱中症対策や部品の冷却などに効果的です!
rkf自動車整備など、各種工場の暑さ対策
rkf塗装部品や、各種機械の冷却
rkfゴルフ練習場など、スポーツ時の熱中症対策

広さと用途に合わせて選べる、充のラインナップ

大型モデル RKF701

涼風到達30m
rkf

圧倒的な涼感・大風量 RKF505

涼風到達12m
rkf

人気のスタンダードクラス RKF405

涼風到達7m
rkf

涼しさ独り占め RKF303

涼風到達3m
rkf

RKF使用事例

空調設備ができない工場

rkf(機械組立工場/RKF405/10台使用)
遠くまで涼風を感じることができるよ!
①広くて空調ができない工場
②電気容量がいっぱいで空調ができない工場
③デマンド電力契約してる工場

全館空調している場所

rkf(駅改札構内/RKF405/4台使用)
エアコンが効き難い場所での補助的な冷房に使用しています!
①空調が届かない場所の補助冷房
②デマンド電力契約している古城
③空調が効かない場所

火を使う熱処理する工場

rkf(鋳造工場/RKF405/5台使用)
大風量のおかげて身体が楽になるよ!
①鍛造・鋳造工場(暑い工場)
②樹脂成形工場
③焼物工場

工場機械や製品の冷却

rkf(プラスチック成型加工工場/RKF503/5台使用)
夏場にコンプレッサーが止まらなくて助かっています!
①エアーコンプレッサーの冷却
②工作機械の冷却
③成形品の冷却

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!

The following two tabs change content below.
霜鳥 裕達
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年以上になります。まだ小さかった頃、母親が自分を背中にしょってダボ打ちをしていたそうです。【想い】大切な会社、携わる方と共に成長し、幸せにしていきたいです。またホームページやメールマガジンでより良い情報をお届けします。もっとクオリティの高い記事が書けるよう頑張ります。