The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

上田市小学校体育館床サンディング・ポリウレタン塗装【1988】

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
懐かしの施工事例・1988年(昭和63年)の小学校体育館床サンディング・ポリウレタン塗装です。

保坂司ツカサ

床研磨塗装は、いろんな名称で呼ばれています。
床研磨塗装が一般的ですが、ちょっと海外っぽい、フロアサンディング・機械名が入ったドラムサンダー掛けなども良く使われています。
この技術、コートラインプロでは長い歴史があるんです。
50年近くになります。
そして、当初から、共に職人として技術を提供してくれた親方が下記の写真に写っている半戸親方なんです。
もう一人の若手が、今の工事課長なんです。
いや~凄いですね。
それでは、小学校体育館床サンディング・ポリウレタン塗装事例ごらんください。

上田市小学校体育館床サンディング・ポリウレタン塗装詳細

施工地域 長野県上田市
施工場所 長野県上田市立川西小学校体育館床「体育館スポーツアリーナ」
施工内容 (体育館床工事)体育館無垢フローリング研磨・油変性ポリウレタン樹脂塗装・スポーツ競技用コートライン引き
目的 体育館床のスポーツフロアーの不良ヵ所を張り替えて安全性を向上させる・床研磨塗装にてフロアコンディションを回復させる
施工経緯 お客さまからのご依頼

施工内容

以前、片づけを行っていると、古い体育館床研磨塗装工事の写真が出てきました。

工事黒板を見ると昭和63年とあります。

ブランコ

29年前なんですね・・・29年前というと私が11歳の頃です。汗

なんともです。

写真に写っている職人さんたち、髪型が当時を物語っております。

この頃は、確かチェッカーズとかが流行っていた頃でしたっけ?

こうした先輩方が今のコートラインプロの礎を築いた、といっても過言ではありません。
研磨工事からウレタン塗装の仕上げまでと非常に分かりやすい写真です。

先日、たまたまこの小学校を訪ねる用事がありました。

残念ながら体育館を見ることはできなかったのですが、当時の先輩方の素晴らしい仕事に思いを馳せるのでした。

※ 写真は体育館床(スポーツフロアー)研磨後の1回目のポリウレタン塗装のようすです。

コートラインプロは創業、昭和46年から体育設備や体育館床塗装に携わっています。
そのため全国に多くの実績があります。

写真は、創業間もない頃から会社を支えてきた半戸親方です。

体育館床、スポーツフロアーの塗装を行っています。
今でもご指導いただいている親方です。

29年前となると、現在の私より若いのかもしれません・・・

※ 体育館床(スポーツフロアー)サンディング後、1回目ウレタン塗装後に2回目のポリウレタン塗装を行っています。

塗料などは変わっているものの、技術的な側面を見るとベースとなっている所は変化が見られません。

2回目ウレタン塗装後にスポーツ競技用コートライン引きを行っていきます。

現在の課長です。
まだ高校生くらいでしょうか?若々しいです。

※ スポーツ競技用コートライン引き後に仕上げのウレタン塗装を行っていきます。全体を塗り完工となります。

保坂司ツカサ

どうでしたでしょうか⁉
古くから体育館床メンテナンスは行われていました。
その時、その時の建材・塗料も違いますが、根本的なフロア性能維持といった面では変わりません。
もし、痛んでいるなどがありましたらメンテナンスを検討してみてはいかがでしょうか!?