体育館床の納まりについて

体育館床の納まり

体育館床の納まりについて

体育館床の構成材については、幾度となくお話しさせていただきましたので、ここでは、床のその他の設置物について解説させていただきます。

床金具

主にバレーボール・バドミントンの支柱を立てるために設置されている金具です。
蓋を開けると支柱を納める埋設管が床下にあり、支柱の重みに耐えられるよう基礎が設置されています。
新設時にコンクリート基礎の升の中に生コンクリートを流し込み、埋設管を固定します。
重量物であるバレーボール用支柱による衝撃で、コンクリート基礎に亀裂が入ったり、床金具蓋部分が割れてしまうといった事例があります。
コンクリート基礎の点検方法としては、際に支柱を差し込み左右に揺らしてみる方法があります。
この時、床下の埋設管が大きくぐらつく場合は損傷している可能性があります。

床上換気口

床上換気口は、床下自然換気することで、床に影響を及ぼす湿気の滞を防止する役割があります。
鋼製根太にネジ止めして取り付けることができ、床仕上げ材の厚さが15・18mmに対応できます。
換気量を調整できる換気調整板付き、虫の侵入を防ぐ防虫網付き、木目調塗装のものがあります。
サイズは幅200mm×長さ300~1000mmまで、ステンレス製・アルミニウム製が一般的です。

エキスパンションゴム

体育館床は積が広いため、木床の伸縮が大きくなります。
床板の伸びは、1mあたり1mm程度と言われております。
そのため、壁部の床と巾木の取り合いには、エキスパンションゴムを取り付けることで、伸縮に対応できる設計になっています。
このエキスパンションゴムは、フローリング床材の伸縮目地材でサイズ・カラー多種あります。

床下点検口

点検口を取り付けることで床下の管理が容易になります。
鋼製根太にネジ止めして取り付けます。
総床厚27・30・33mmの床に使用でき450角・600角があります。
児童が無断で開閉できないよう鍵付きタイプもあります。
床下の調査方法は、床下に潜り懐中電灯で床下を照らし、鋼製下地各部材に変形・サビ、ナットの緩みなどを確認します。
このとき、配管の水漏れ、水たまり等がないかも調査するとよいでしょう。

関連記事

  1. オフィスの配線が邪魔!OAフロア工事で収納しませんか!?

  2. 体育館床のメンテナンス

    体育館床にはウレタンとワックスどちらが適切なのか⁉

  3. 体育館のフローリングは塗装品・現場仕上げ⁉そのメリット・デメリットとは?

  4. 鋼製下地2

    体育館仕上げまでに使われる床の材料と、その特徴とは⁉

  5. 体育館床下地【木製床下地・鋼製床下地組床式・鋼製床下地置床式】

  6. 体育館の床に合うお手入れ方法で競技に適した滑り具合を実現

専門家サイトでお答えしています