スポーツ関連記事

体育館の床が滑りやすくなる理由とは

コートラインプロのスポーツフロアー工事について

スポーツのこれから

スポーツフロアーを利用するスポーツにはバレーボール・バスケットボール・バドミントンをはじめとして、剣道、柔道、空手、レスリング、ボクシング、合気道、太極拳、弓道、少林寺、フェンシング、テコンドー、薙刀、体操、新体操、エアロビクス、フィットネス、遊戯などがあります。
多くのスポーツ競技がありますが、足腰にかかる負担など競技によって違います。
コートラインプロでは、各種スポーツに合わせた部位、部材を使いスポーツフロアーを施工しています。
スポーツ関連の建材メーカーは、スポーツの体の動きや負担などを考慮し、部位、部材を開発しています。
例えば、柔剣道場、体育館のスポーツフロアーと違い、体への負担が大きいことを考慮し、下地においてより柔らかいものを採用しています。
このように、スポーツ競技を行う際には、競技に適しているものでなければなりません。
些細なことと考えられがちですが、ケガをしないためにも、長くスポーツを継続していくためにも大切なことなのです。

体育館の床が滑りやすくなる理由とは

犬用のフローリングもあります

体育館のスポーツフロアーは、どんなスポーツに適しているのでしょう?
全てに当てはまるわけではありませんが、一般的にはバレーボール・バスケットボール・バドミントン・ハンドボール・ポートボールなどがあげられます。
体育館床スポーツフロアーは、滑り具合まで入念に設計され、そのすべり具合はC・S値で表されます。
ところでC・S値とはなんなのでしょうか?そんな疑問を持たれる方もいるのではないでしょうか?
そこでC・S値は何かお伝えします。
スポーツフロアーにおけるC・S値とは、摩擦するが外力によって明確なすべりであるかを判断することです。
摩擦が大きいと、滑りづらくなり、摩擦が小さいと、滑りやすくなります。
ちなみに愛犬家にとってフローリングの滑りは骨折、脱臼、股関整形不全を及ぼす恐れがあることから、近年、犬の滑りにも合わせたフローリングが開発され利用されています。
小型犬が支障なく動作できる値は0.676以上とされています。
体育館に使用されるスポーツフロアのC・S値は0.5~0.8で設計されています。
このようにスポーツフロアーはスポーツ競技に適した環境に整えられています。
体育館の床が滑りやすくなってしまうのは、スポーツフロアーのコートが摩耗によってすり減ったり、適切とされないワックスメンテナンスなどによって、C・S値が変化してしまうからです。
もちろん前述したようにクッション性も大切です。
コートラインプロでは各種スポーツ競技に適した床材の提案をしています。

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!

体育館床工事・床メンテナンス・体育設備設置工事各メニューはこちらをクリック

コートライン 体育器具メンテナンス 床研磨 床下地 スポーツフロアメンテナンス 体育施設フローリング 施工の様子が解る施工レポート  

体育館施設メンテナンスのことならお気軽にお問合せ下さい

  

関連記事

専門家サイトでお答えしています

ページ上部へ戻る