The following two tabs change content below.
アバター
塩入
【資格】木製床管理者/有機溶剤など【仕事】床職人から管理までを行っている。スポーツ関連の仕事に就きたいと大原学園のスポーツビジネス科に入学、卒業後、床職人の道に‼現在、千葉営業所勤務・関東を中心に床工事を行っている。【想い】お客さまにはより良い工事を、そしてビジネスパートナー様には共に伸びるため、良い提案をしていきます。【本人より】関東近郊のスポーツフロアや体育器具の工事ご相談ください

茨城県内小学校アリーナ床面ウレタン塗装

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀内です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

塩入

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 体育館床フローリングフロア
施工内容 ウレタンメンテナンス
目的 スポーツフロアーのコンディションをより良く
施工経緯 お客さまからのご依頼

茨城県内の小学校さまの体育館にてアリーナ床面のウレタン塗装を行いました。

既存のウレタン塗膜とスポーツ競技用コートラインを活かし、ウレタンメンテナンスによって仕上げます。
こうすることでスポーツ競技に適したグリップ値になります。

実際に、山梨県の大学さまにウレタンメンテナンスを行っています。
その大学でバスケットボールの大会が行われた時に、フロアコンディションが気に入った大学さまからメンテナンスについて問い合わせがあり採用いただきました。
今でも、定期的にウレタンメンテナンスを行っています。

施工前

施工後

小学校UC塗装後小学校UC塗装後
体育館全体の床面ウレタン塗装工事は施工後の養生時間を合わせると最低でも4日間以上体育館の使用を止めていただかないと行えないため、どうしても学校さまが休みに入ってから行うことが多くなります。

ただウレタン塗装後数年間は特別な不良が発生しない限り清掃以外の特別なメンテナンスは必要ありませんので長いスパンで考えれば管理されるお客様にとっても大変なメンテナンスではないと思います。
スポーツフロアのコンディションを良好に保つ為には数年に一度ウレタン塗装を行っていただくことをお勧めいたします。