The following two tabs change content below.
アバター
塩入
【資格】木製床管理者/有機溶剤など【仕事】床職人から管理までを行っている。スポーツ関連の仕事に就きたいと大原学園のスポーツビジネス科に入学、卒業後、床職人の道に‼現在、千葉営業所勤務・関東を中心に床工事を行っている。【想い】お客さまにはより良い工事を、そしてビジネスパートナー様には共に伸びるため、良い提案をしていきます。【本人より】関東近郊のスポーツフロアや体育器具の工事ご相談ください

津市産業スポーツセンターについて

津市産業スポーツセンターは、2017年の10月に整備されたスポーツ施設だ。
老朽化した市体育館・市民プール・三重武道館を移転。

指定管理者は、津市スポーツ・メッセネットワーク(ミズノ・ミズノスポーツ・国際警備保障)が管理運営に当たる。

施設は屋内総合スポーツ施設『サオリーナ』・三重の武道拠点『三重武道場』・産業展示施設『メッセウィング・みえ』で構成。
サオリーナの名前の由来は、地元出身のレスリング選手、吉田沙保里の活躍にちなんでいる。
また、サオリーナは多目的で様々なイベントを開催できる機能性を持つ。
全国レベルの大会開催にふさわしい風格を備えたメインアリーナ、木材等を使用することで親しみやすい雰囲気を持つサブアリーナ、自然採光や自然通風を取り入れ、明るく快適な施設全体のシンボルとなるアスリートモール等で構成。

サオリーナの概要

観客席 スポーツコート
メインアリーナ

固定席2,464
稼働席546
車椅子スペース32
合計 3,042席

サブアリーナ

固定席416
稼働席-
車椅子スペース10
合計 426席

メインアリーナ
バスケットボール3面、バレーボール4面、バドミントン16面、卓球20台、テニス3面、フットサル3面、ハンドボール2面、レスリング6面、柔道12面、剣道8面サブアリーナ
バスケットボール2面、バレーボール2面、バドミントン10面、卓球12台、テニス2面、フットサル2面、ハンドボール1面、レスリング4面、柔道6面、剣道6面三重武道館
柔道4面、剣道4面

三重県武道館施設概要

三重武道館は、柔剣道場と弓道場で構成され、その面積や収容人数は以下の通りである。

三重武道館 面積/㎡ 収容人数 備考
柔剣道場 1,399 180 縦37.2m×横37.6m×天井高4.2m(2分割可)
床:フローリング
照明:LED 1,000Lx
弓道場(近的10人立) 847 120 縦22.3m×横38.0m×天井高4.85m(射場)

メッセウイング・みえ施設概要

メッセウイング・みえは展示場や研修交流施設などを備えています。

また、大規模なコンベンション施設としての産業展示機能を活かしつつ、多様なプロモーションが展開できる機能を有しています。

施設名 面積/㎡ 収容人数 備考
展示場 3,231 4,000 縦39.7m×横81.4m(3分割可)
A 1.099㎡(縦39.7m×横27.7m)
B 1.071㎡(縦39.7m×横27.0m)
C 1.139㎡(縦39.7m×横28.7m)

津市産業スポーツセンターは近畿自動車道伊勢線(伊勢自動車)津ICより約3分の場所にありアクセスにも恵まれている。
市民の『するスポーツ』と『みるスポーツ』をはじめ、各種イベントなどで地域のにぎわいを創出していく。

イベント実績と、今後のスポーツ

2017年10月にはオープニングイベントはじめ、サオリーナオープニング記念、秋巡業・大相撲津場所、みえスポーツフェスティバル、B.LEAGE 名古屋ダイヤモンドドルフィンズVS富山グランジーズなどが行われた。

今後のビッグイベントは、三重国体が挙げられる。
昭和50年大会ぶりとなる、三重とこわか国体で、大会でバスケットボール、レスリング、柔道が実施される予定だ