体育館床金具廻りフローリング復旧作業

体育館床金具廻りフローリング復旧作業

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀内です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所体育館スポーツフロアー
施工内容床金具廻り劣化ヵ所フローリング張り替え、
目的小学校教室の改修工事
施工経緯お客さまからのご依頼

神奈川県内の学校さまの体育館の床改修工事ですが本日はフローリングの復旧作業を行ないました。
張り替え箇所の数が多くかなり苦労しましたがほぼ復旧作業は終了しました。
写真は床金具廻りのフローリング張り替えになります。

多くの施設に見受けられる床金具廻りのフローリング損傷は、支柱を設置する際に起こっています。

支柱は重さがあるため、ゆっくりと設置する必要があります。
設置の仕方によってはフローリングに打痕傷が付いてしまいます。

また、長い間、支柱の抜き差しを繰り返すことで、床金具や床金具との取り合いのフローリングも劣化や損傷を起こします。

そのため、欠けやササクレが発生しやすい傾向にあります。
明日は張り替え箇所の研磨及び床金具の設置作業になります。

体育館の床改修工事1体育館の床改修工事2

金具類のゆるみや浮き、ずれにご注意ください

金具類の上蓋がゆるんでいたり、浮き、ずれが見られる場合には放置しないでください。

そのまま放置してしまうと、つまずきや転倒を起こす可能性があり、ケガの原因となります。
応急処置としてテープなどで養生してください。

そのうえで専門業者に補修・修繕を依頼してください。