The following two tabs change content below.
アバター
霜鳥 裕達
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年以上になります。まだ小さかった頃、母親が自分を背中にしょってダボ打ちをしていたそうです。【想い】大切な会社、携わる方と共に成長し、幸せにしていきたいです。またホームページやメールマガジンでより良い情報をお届けします。もっとクオリティの高い記事が書けるよう頑張ります。

池田小床研磨塗装について

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

霜鳥裕達
shimotori

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 学校施設(屋内運動場体育館)床
施工内容 (体育館床改修工事)無垢フローリング研磨(フロアサンディング)・ポリッシャーサンディング・スポーツ競技用コートライン引き(バドミントンコートライン・バレーボールコートライン・バスケットボールコートライン)ポリウレタン樹脂塗装
目的 体育館床改修工事を行いスポーツフロアーのコンディションを回復させる
施工経緯  お客さまからのご依頼

池田小床研磨塗装のようす

小学校屋内運動場の床面改修を行いまいした。
ステージ及びアリーナの床面研磨・ポリウレタン樹脂塗料3回塗り・アリーナ各種スポーツコートラインの新設を行いました。

こちらの体育館ではバスケットボールコート、ミニバスケットボールコート、バレーボールコート、バドミントンコートのライン引きを行いました。
スポーツフロアーの各種コートは事前に作成されたコートライン図を元にコートの寸法、交差する部分の優先順位、ラインの幅、ラインの色などを確認し専用の塗料で塗装します。

仕事柄様々な体育施設のスポーツフロアーを拝見させていただいておりますが、フロアー面にラインテープなどを貼ったまま放置されている施設もあるのですが、本来フロアーにテープ類を貼ったままにしておくことは
フロアーにとって良いことではありません。

専用のラインテープであっても使用後にはすみやかに剥がすことがフロアーに負担をかけない本来の使用方法になります。
よく見られるのが、ライン専用テープを貼るのではなく、ガムテープや粘着の強いテープを貼ってしまうことです。

ガムテープ
剥がす際にフロアーごと剥がしてしまったり、貼ったまま放置されたテープが剥がれることで部分的にノリが残ります。
そこにホコリやゴミなどが付着すると、簡単には取れない汚れとしてフロアー面に着いてしまいます。

スポーツフロアーをコンデションの良い状態で使用していただく為にもテープ類を貼ったまま放置されないようお気をつけいただければ幸いです。