The following two tabs change content below.
アバター
霜鳥 裕達
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年以上になります。まだ小さかった頃、母親が自分を背中にしょってダボ打ちをしていたそうです。【想い】大切な会社、携わる方と共に成長し、幸せにしていきたいです。またホームページやメールマガジンでより良い情報をお届けします。もっとクオリティの高い記事が書けるよう頑張ります。

東京都中学校体育館改修工事

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀内です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

霜鳥裕達
shimotori

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工地域 東京都中学校体育館床
施工場所 体育館床スポーツフロアー
施工内容 フローリング研磨塗装及びスポーツ競技用コートライン引き
目的 スポーツフロア改修・スポーツフロアーメンテナンスでより良い状態に
施工経緯 お客さまからのご依頼

8月の東京、いやぁ暑いです(汗)

避暑地 長野出身の私には堪えます。。。ましてここは体育館、まるで高温サウナ状態です。
あっ、水風呂ないですかぁ?(笑)
でも、これでちょっとはやせられるかなぁ。

床工事に従事している者にとって「夏」といえばやっぱり体育館ですね。
今年の夏も各地の体育館にて工事させていただいております。

今回の現場は、中学校の体育館約800㎡。
中学校にしては大きい体育館、削りごたえがあります。
コートラインもバスケットボール・バレーボール・バドミントンなど全部で14面、引きごたえがあります。
写真は1回目の研磨状況と3回目仕上の研磨後です。
お分かりのように1回目と3回目では見た目も違いますよね。
そう、研磨は荒・中・仕上と3回削るんです。
文字通り荒いのから真ん中、そして仕上げと、なめらかにキレイに削っていくんです。
以上、現場からでした。

東京都中学校の体育館改修工事東京都中学校の体育館改修工事