長野県内大アリーナ床修繕

体育館床の補修工事大アリーナ

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀内です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

塩入

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所スポーツフロアフローリング「体育館木床」
施工内容フローリング危険箇所張り替え&部分補修
目的スポーツフロアの危険個所を張り替えて、フロアコンディションを改善
施工経緯お客さまからのご依頼

フローリングフロアーは、長年の上下運動や振動によってひび割れやササクレが発生してしまうことがあります。

点検を行い、既存の状態によっては張り替えを行う必要があります。
また、しばらく手入れをしていなかった体育館の場合、フロアの状況によってメンテナンス方法を変えなければなりません。
現状では、施設の出入り業者によるメンテナンスとなっており、どのようなメンテナンスを行うかは、その業者の提案次第になっています。

際行っているメンテナンスとしてワックスがけ、あるいは清掃などにとどまっている施設が多いと思われます。
フローリングの張り替えや、ウレタンによってメンテナンスを行っている施設は少ないのではないでしょうか?

本来であれば専門業者に点検を依頼し、メンテナンス方法を提案してもらうことが理想です。

本工事は点検後、お客さまと打ち合せを行い床改修工事になりました。

小アリーナ、大アリーナの床補修工事になります。

部分張替え13箇所、ヒビワレ部分・表不良部分の補修を約60箇所行いました。

ひび割れ部補修前ひび割れ部補修中

1000㎡以上ある体育館で何十箇所も補修があると場所が分らなくなってしまうこともありますので目印を置いて施工忘れのないように注意しながら作業を行いました。

ひび割れ部補修前ひび割れ部補修後

コートラインプロでは無料にて点検を行っています。
フローリングフロアーの点検なら改修工事やメンテナンスにも数多い績があるコートラインプロにご相談ください

The following two tabs change content below.
塩入
【資格】木製床管理者/有機溶剤など【仕事】床職人から管理までを行っている。スポーツ関連の仕事に就きたいと大原学園のスポーツビジネス科に入学、卒業後、床職人の道に‼現在、千葉営業所勤務・関東を中心に床工事を行っている。【想い】お客さまにはより良い工事を、そしてビジネスパートナー様には共に伸びるため、良い提案をしていきます。【本人より】関東近郊のスポーツフロアや体育器具の工事ご相談ください