体育館改修工事エキスパンションゴム後全作業終了

体育館改修工事

施工場所 体育館床「スポーツフロアー」
施工内容 フローリング研磨塗装
目的 フローリング研磨塗装してより良い状態に
施工経緯 お客さまからのご依頼

長野県内体育館研磨塗装ゴム入れ後

体育館の改修工事ですが、本日ゴムを全て入れました。
また、仕上げ塗装のために、床金具に養生したマスキングテープを剥がし全作業が終了しました。
体育館や校舎において、フローリングのエンドにゴムを入れてあるのを見たことがある人も多いのではないでしょうか?
何のためにあるかというと、フローリングが伸び縮みしても問題なくフロアーを使えるようにするため、設けられているものです。
無垢フローリングは寸法安定性に劣り伸縮が大きいというデメリットがあります。
広い場所では、フローリングの枚数も多くなり伸び率が大きくなります。
壁を押してしまう可能性があります。
しかし、メンテナンス性に優れるというメリットから多くの施設に採用されてきました。
今では寸法安定性に優れる複合フローリングや積層フローリングが一般的になっています。

長野県内体育館床改修エキスパンションゴム施工前長野県内体育館床改修エキスパンションゴム施工後

研磨前、研磨後で光沢が全然違います。
光沢がある塗料は可視光を受け、明るくする効果もあります。

元請けさまには作業期間中いろいろとご協力いただきまして大変ありがとうございました。

仕上がりにもご満足いただけたようで一安心です。

 

施工前→施工後

長野県内体育館床改修施工前長野県内体育館床改修施工後

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!