The following two tabs change content below.
アバター
塩入
【資格】木製床管理者/有機溶剤など【仕事】床職人から管理までを行っている。スポーツ関連の仕事に就きたいと大原学園のスポーツビジネス科に入学、卒業後、床職人の道に‼現在、千葉営業所勤務・関東を中心に床工事を行っている。【想い】お客さまにはより良い工事を、そしてビジネスパートナー様には共に伸びるため、良い提案をしていきます。【本人より】関東近郊のスポーツフロアや体育器具の工事ご相談ください

杉並区体育館メンテナンス(研磨塗装)について

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀内です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

塩入

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 学校施設(屋内運動場体育館)床
施工内容 (体育館スポーツフロアー床工事)体育館アリーナ床・フローリング研磨・スポーツ競技用コートライン引き・バドミントンコートライン引き・バスケットボールコートライン引き・バレーボールコートライン引き・ポリウレタン樹脂塗装
目的 体育館の床をリフォームしより良い状態に再生する
施工経緯  お客さまからのご依頼

杉並区体育館メンテナンス(研磨塗装)のようす

こんにちは、コートラインプロの塩入です。

本日は杉並区の体育館メンテナンス(床研磨塗装)に来ています。
床の研磨塗装を行うきっかけとしてはスポーツフロアーの全体的な劣化が挙げられます。

フローリングの表面に塗装されているウレタン性能の低下・スポーツコートラインの摩耗による視認性の低下。
どちらも低下する事で競技する上では影響を及ぼすことが多々あります。

施工させていただいた高等学校の体育館の様にバスケットコートラインが旧ルールのままで施工を機に新ルールへの変更を行う場合もございます。
その他にある要望としてスポーツコートラインの優先順位の変更や新設・色の変更など今まで使いづらかった部分を改善したいという声もあります。

床の研磨塗装をする前にフロアー全体を点検しているので、その際に見つかった不具合(フローリングや床金具の破損)といった部分は全て修繕しますので、施工終了後には新品同様の体育館に生まれ変わっています。
別々に施工を進めるより一緒に施工を行ったほうがコストを下げられるといったメリットがあります。

一番は利用する人が使いやすい環境を作ることであり、コートラインプロはそのお手伝いをする事です。
話は変わりますがフローリングの表面に塗装するウレタンには2種類あり水性と油性があります。

性能的にはほぼ変わりませんが、臭気の問題などもありますので各自治体や施設によって使う塗料の種類が違います。
どちらの塗料もホルムアルデヒド放射等級でF☆☆☆☆を獲得しているので安心してご利用いただけます。
また、シックスクールの原因にもなっているホルムアルデヒドやトルエン・キシレンといった有害物質も一切含まれていません。

詳しい内容やパンフレットをご希望の方はお気軽にお問合せ下さい。