The following two tabs change content below.
アバター
塩入
【資格】木製床管理者/有機溶剤など【仕事】床職人から管理までを行っている。スポーツ関連の仕事に就きたいと大原学園のスポーツビジネス科に入学、卒業後、床職人の道に‼現在、千葉営業所勤務・関東を中心に床工事を行っている。【想い】お客さまにはより良い工事を、そしてビジネスパートナー様には共に伸びるため、良い提案をしていきます。【本人より】関東近郊のスポーツフロアや体育器具の工事ご相談ください

東京都体育館木床ドラムサンダー掛けウレタン塗装について

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀内です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

塩入

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 東京都学校施設(屋内運動場体育館)床
施工内容 (体育館床改修工事)体育館床サンダー掛け・ポリッシャーサンディング・水性ポリウレタン樹脂塗装(4回塗り)・スポーツ競技用コートライン塗装(バスケットボールコートライン塗装・バレーボールコートライン塗装・バドミントンコートライン塗装)
目的 体育館床改修工事を行いフロアコンディションをより良い状態へ
施工経緯  お客さまからのご依頼

東京都体育館木床ドラムサンダー掛けウレタン塗装のようす

こんにちは、千葉営業所の塩入です。

お陰様で、東京都内中学校体育館の研磨塗装工事(ドラムサンダー掛けウレタン塗装)が始まっております。
気を引き締めて工事に入らせて頂いております。

今回は、いつもと仕様が若干違っております。

使用するウレタン塗料が1液型水性ポリウレタン塗料の4回塗り仕上げとなります。
この塗料の最大のメリットは、低VOCです。わずかな樹脂臭しかなく、稼働中の施設においても作業が可能です。また、無黄変ですのでフロアをいつまでも明るく保ちます

また下地との密着性が高いところでしょうか。
デメリットとしては高い価格のみならず、水分を含んでいますので、気温や湿度の影響を受けやすいことです。

梅雨時や雨天時では、なかなか乾かないなんてことも珍しくはありません。

また、基本塗装工程は4回塗り仕上げですので、油性塗料と比べると工期も塗料代も余分に掛かってしまうと、いった事が挙げられます。
さて、本題の東京都内中学校体育館の研磨塗装工事(ドラムサンダー掛けウレタン塗装)をお伝えします。
施工前の写真です。

体育館施工前
5年ほど前によその業者がバスケットボールコートラインの新ルール変更工事を行ったそうです。

うーん、同業者にとやかく言いたくもないですが、うーん、、、
このブログの読者様は普段のコートラインプロ品質をご覧になっていると思いますので、びっくりされたことでしょう。

初めてこのブログを読まれた方は、是非バックナンバーにてコートラインプロ品質を御確かめになってください。
不要ライン除去部の着色塗装を怠ると、このように別のラインがあるかのように見えてしまうんです。

まだバスケットボールコートラインの変更工事を行っていらっしゃらない施設様は、是非、コートラインプロまでご連絡ください。
工事は、施工部隊が日曜日も頑張っていただき無事完了致しました。

コートラインプロへの東京都内中学校体育館の研磨塗装工事(ドラムサンダー掛けウレタン塗装)のご依頼ありがとうございました。