The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

地域体育センター床研磨塗装について

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 体育センター(屋内運動場体育館)床
施工内容 (体育館床改修工事)無垢フローリング研磨(フロアサンディング)・ポリッシャー研磨・スポーツ競技用コートライン引き(バスケットボールコートライン引きメイン1面・サブ2面・バレーボールコートライン引きメイン1面・サブ2面・バドミントンコートライン引き2面)
目的 体育館の床改修工事を行スポーツフロアーのコンディションをより良い状態にする。
施工経緯  お客さまからのご依頼

地域体育センター床研磨塗装のようす

県内の地域体育センターのスポーツフロアー全面改修を行いまいした。

床下地・床板に大きな不良・不具合はなく比較的良好ではありましたが、スポーツフロアーの命とも言えるフロアー塗装面のコンデションがかなり低下しておりました。

スポーツ競技を行うフロアーには競技に適したスベリ具合が必要とされ、本来スポーツフロアーの床塗装面は競技に適したスベリに設計されたポリウレタン樹脂塗料で仕上げられています。

しかしメンテナンスとしてスポーツフロアーにワックス掛けを行ってしまうと本来必要なスベリ具合を失ってしまう他、何度も塗り重ねていくうちに汚れなどを巻き込み黒ずんだフローになってしまいます。

今回の施設も長年塗り重ねられたワックスによる汚れや床に貼ったまま放置されたテープによる汚れなどが目立ちスポーツ競技に必要なスベリ具合も低下していました。

今回の具体的な改修方法は、まずサンダー掛けを行い床面のワックスや既存塗膜を研磨除去し、新しく塗装する為の素地を作りポリウレタン樹脂塗料を3回塗装し各種スポーツコートラインも新たに新設しました。

施工前の黒ずんだフロアーが明るく新設時に近い状態に蘇り元請けさま・施設管理者さまにもお喜びいただけました。