The following two tabs change content below.
アバター
塩入
【資格】木製床管理者/有機溶剤など【仕事】床職人から管理までを行っている。スポーツ関連の仕事に就きたいと大原学園のスポーツビジネス科に入学、卒業後、床職人の道に‼現在、千葉営業所勤務・関東を中心に床工事を行っている。【想い】お客さまにはより良い工事を、そしてビジネスパートナー様には共に伸びるため、良い提案をしていきます。【本人より】関東近郊のスポーツフロアや体育器具の工事ご相談ください

剣道場床研磨塗装について

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

塩入

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 学校施設(剣道場)床
施工内容 (剣道場床改修工事)フローリング研磨・剣道用コートライン引き・ウレタン塗装
目的 剣道場床を研磨塗装にて再生させる
施工経緯  お客さまからのご依頼

剣道場床研磨塗装のようす

こんにちは、コートラインプロの塩入です。

ところで、皆さんは剣道を行ったことがありますでしょうか!?
剣道は動作の中に、すり足があります。

すり足には適度な滑りやすさが必要とされています。

これらのことから、国産材を採用することをススメている業者さんもいます。

確かに、剣道のためによく考えられた床の採用がベストかもしれませんが、コスト面を考えると導入できない場合もありますし、既存床の再生となると張り替えずに、このような環境で仕上げることが理想です。
コートラインプロでは、剣道場床改修において決められた施工でない限り、先生と打ち合わせをして仕上げ材や塗料を提案しています。

剣道場の床研磨塗装、まずはご相談だください。

さて、施工レポートです。

本日は、剣道場の床研磨塗装に来てます。
剣道場床を研磨塗装にて再生させる工事になります。

施工前の剣道場床の状況です。
ツヤはあるものの、フローリングに損傷ヵ所などが見受けられました。

補修を行い、フローリングの研磨塗装を行っていきます。
研磨は、徐々に目を細かくしていきます。

まだ荒掛けを行う時には、負荷が凄いんですよ!体が引っ張られるくらいの力が掛かるんです。
職人見習いだった頃は、太ももの筋肉痛が酷かったことを思いだしました。

床面全体を削っていきます。
あんなに黄ばんでたフローリングも、きれいな白木になっていきます。
仕上げに近づくほど、まるで新しくフローリングを張ったような状態になります。

いかがでしょう!?研磨完了後のようすです。
その後、塗装を行っていきます。

ポリウレタン樹脂塗装下塗り後、目荒らしを行い、さらに中塗りを行っていきます。

日の入り方によって仕上がり方のイメージが違ってしまっています。
この辺りは素人が撮影しているのでご了承ください。

目で見た感じでは左上の写真のような白っぽいイメージになります。

中塗り後、剣道用のコートライン引きを行い、ポリウレタン樹脂塗装の仕上げ塗りを行っていきます。

きれいな仕上がりですね。
コートラインプロへの剣道場床研磨塗装のご依頼、ありがとうございました。
尚、コートラインプロでは現場調査はじめ、メンテナンス提案も行っています。