体育館床メンテナンス「フローリング貼り換え及び床金具天蓋交換」

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀内です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工地域神奈川県
施工場所体育館床スポーツフロアー
施工内容スポーツフロアーフローリング不良ヵ所張り替え及びバレーボール用床金具天蓋交換
目的スポーツフロアーメンテナンスでフロアコンディションをより良い状態に
施工経緯お客さまからのご依頼

以前、フロアー点検をさせていただいた体育館に来ております。
点検した際にチェック表・図にて危険箇所等を明確に記載して提出させていただきました。
後日、施設担当者様から連絡を頂き、危険個所修繕工事へという運びになりました。

※写真は劣化ヵ所のチェックを行っているところです。本工事では汚れなども合わせてチェックし、施工時に除去します。

 

※床金具が壊れているようすです。損傷がひどいですね!

工事内容としては、床部分張替9か所、床金具の天蓋交換が2か所です。
まずは、図にて危険個所にテープで印を付けていきます。
これだけ広い所だから、図に書き込んでいないと何処だったか分からなくなってしまうんです。
「A」と印が付いてるのは床金具損傷箇所です。
バレーボール用の金具ですね。
これは危ない、完全に欠損してます。
バレーボール用の床金具には、こういう症状が多いんです。

※体育館床スポーツフロアと同じ材料と、新たに交換するバレーボール用の床金具を用意しました。

理由としては、バレーボール用支柱を埋設管に入れる際に、支柱の重さの衝撃によるものが多くの原因なんです。
バレーボール用の支柱って材質にもよりますが一番普及しているスチール製のもので約50kgもあるんですよ。
大人が2人掛かりでやっとといったところでしょうか。
こんな重いものが上から落ちて来ればその衝撃は計り知れません。
お気づきの方もいるかもしれませんが、床金具の周囲の床が広範囲に凸凹とキズがついているのもそんな理由からなんです。

※スポーツフロアー不良ヵ所のフローリングを張り替えていきます

危険個所を張り替えていきます。

※張り替えヵ所や、金具廻りの仕上げを行って完了になります。

The following two tabs change content below.
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。