The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

中学校体育館ウレタンコーティングについて

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 山梨県内中学校の体育館
施工内容 アリーナ全面クリーニング・ポリウレタン樹脂塗料1回塗り
目的 スポーツフロアの定期メンテナンス
施工経緯  お客さまからのご依頼

中学校体育館ウレタンコーティングのようす

山梨県内の中学校の体育館アリーナのウレタンコーテイングに伺いました。

こちらの体育館では定期的にウレタンコーテイングを行っていただいております。
アリーナ全面をクリーニングし、塗装前の下地調整作業を行いポリウレタン樹脂塗料にてコーテイングを行いました。

定期的にメンテナンスを行っている体育館ですので床塗装面の状態は悪くありませんが、経年の使用による光沢の減少やグリップ性能の低下の回復の為、今回のウレタンコーテイングとなりました。
こちらの体育館のように定期的にウレタンメンテナンスを行いたいというお客様がいらっしゃいますので、今回はスポーツフロアのウレタンコーテイングのメンテナンスサイクルなどのお話をしたいと思います。

施設によって利用頻度や利用状況が違う為あくまでも目安ではありますが、まずメンテナンス間隔は3年~5年程度と案内しています。

そして、ウレタンメンテナンスにもトップコートのみをコーテイングする方法と、全面サンダー掛けを行った上で複数回ポリウレタン樹脂塗料をコーテイングする2種類のメンテナンスがあり、既存のスポーツフロアの

状態によってどちらのメンテナンスを導入するか判断します。
例1)
築年数が比較的新しくスポーツフロア面にワックスなどが塗られておらず、既存の床塗装面に塗膜がしっかりと残っている場合であれば、トップコートのみのコーテイングを導入。
例2)
既存のスポーツフロア床塗装面の摩耗が進み塗膜がなくなってしまいフローリングの素地がむき出しになってしまったような場合であれば、全面サンダー掛けを行った上で複数回ポリウレタン樹脂塗料をコーテイングする方法を導入。

弊社では施設ごとにコンデションを確認した上で最適なメンテナンス方法をご案内できるよう心掛けております。
ご相談等あればお気軽にお問い合わせください。