施工レポート

1.252017

某旅館バスケットボールコートライン及びウレタンメンテナンス

 某旅館バスケットボールコートライン及びウレタンメンテナンス

施工場所 スポーツフロアウレタンメンテナンス
施工内容 フローリングウレタンメンテナンス&バスケットボールコートライン変更
目的 バスケットボールコートラインを新ルール対応に、ウレタンメンテナンスにてフロアコンディションを改善
施工経緯 ホームページからのお問い合わせ

旅館様の体育館のウレタンメンテナンスを行いました。
日ごろの清掃が行き届いているのでしょう。
前回の工事時期から見ると大切に使われているようでフローリングフロアーの状態も良好に保たれています。
スポーツ競技に重要となるフロアーのグリップは多少効きにくくなっていました。
本工事はバスケットボールコートラインを新ルールに対応させるものと、フロアコンディションをより良くするために行います。
ルール変更に伴いコートラインを変更させる部分は次の通りです。
☑ノーチャージセミサークルを設ける
☑3ポイントラインが50cmゴールより遠くなる
☑制限区域を台形に変える
バスケットボールコートラインのサイドラインや制限区域は海外のフロアーで良く見られる塗りつぶしとなっていました。
日本ではバスケットボールをメインに行っているスポーツアリーナなどに採用されています
本格的なコートなのでスポーツ合宿で利用される方には嬉しいバスケットボールコートだと思います。

ライン及びウレタンメンテナンス施工前

施工前の状況です。キレイな状態に保たれています。制限区域、サイドラインが塗りつぶしの仕様になっています。
3ポイントラインと制限区域内の既存コート部を除去し、新コートラインに変更していきます。

バスケットボールコートライン改線

3ポイントコートを除去し、色合わせを行います。
その後新ルールに対応した3ポイントラインを引いていきます。

制限区域塗りつぶし作業

制限区域の塗りつぶしと、ウレタンメンテナンスを行っていきます。
しっかりと塗りつぶしを行いインタバール後ウレタン塗装します。

ウレタンメンテナンス作業

完成しました。変更後の写真です。
光沢が出て更にキレイなスポーツフロアーになりました。

研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの績があります。まずはご相談ください!

 

体育館床工事・床メンテナンス・体育設備設置工事各メニューはこちらをクリック

コートライン 体育器具メンテナンス 床研磨 床下地 スポーツフロアメンテナンス 体育施設フローリング 施工の様子が解る施工レポート  

体育館施設メンテナンスのことならお気軽にお問合せ下さい

  

投稿者:
施工カテゴリー:, , , , , , ,
施工タグ:, , , , , ,

過去の記事

  1. 8.82017

    体育館メンテナンス調査17(防球ネット改修)

    体育館メンテナンス調査(防球ネット改修)について現調場所体育館(間仕切り防球ネッ...

  2. 8.82017

    体育館メンテナンス調査16(フローリング張り替え・床研磨塗装)

    体育館メンテナンス調査(フローリング張り替え・床研磨塗装)について現調場所体育館...

  3. 8.72017

    体育館床メンテナンス調査15(床金具改修)

    体育館床メンテナンス調査(床金具改修)について現調場所体育館床金具現...

専門家サイトでお答えしています

ページ上部へ戻る