The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

OAフロア施工現場調査

OAフロア施工の現場調査です。

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀内です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 庁舎事務所
施工内容 庁事務所へのOAフロア―
目的 庁舎の新設に伴い事務所のOAフロア―を設置
施工経緯 お客さまからのご依頼

※今回使用するOAフロアのパネルになります。約600㎡分あるので結構な量です。

某庁舎のOAフロア工事の現場下見に来ています。

ところでOAフロアってご存知ですか?

フリーアクセスフロア、二重床などなど人によって呼び方は様々です。
OAとは、オフィス・オートメーションの意味であり
要はオフィスの事務システムの自動化です。

使用箇所としては、オフィスのほか商業施設、工事、学校などのコンピューターや多くの配線を必要とする場所に設置されます。
今回は庁舎ということで、コンピューター等の配線を多く必要としますのでOAフロアが採用されました。

最近は昔と違い、OAフロアを導入する所会社さんが増えていますね!
知名度もあがり、業者を探すことも手軽になったからでしょうか?

※OAフロアの支持脚を設置しているようすです。

OAフロアがフリーアクセスフロア、二重床と呼ばれるようにレベル調整可能なOAフロアは構造としては、置床とほぼ一緒なんです。
支持脚とパネルのみなんです。

唯一違う点と言えば、置床パネルは1枚600×1800mmなのに対しOAフロアは一般的に1枚のパネルが500角程度のスチール・アルミ製というところです。

これは、配線等のレイアウト変更がいつでも簡単に行えるためのものです。
なのでパネルの上にはやはり450~500mmのタイルカーペットが貼られており貼替えは半永久的に可能です。

本工事では、庁舎の廊下以外は全てOAフロアの仕様です。

職人さんがレーザーを使ってレベルを確認してます。