The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

チャンスを活かせ!!日本で3年連続開催される国際スポーツ大会『ゴールデンスポーツイヤーズ』とは⁉

みなさんこんにちは
コートラインプロです。

オリンピックまで後2年となった今、オリンピックばかりが注目されていますが、その前後に国際的な大きな大会が開かれることはご存知でしょうか⁉

東京の風景

実に3年連続で開催されることになっているのです。

この3年続くスポーツ大会の名称は、早稲田大学の間野学長によって『ゴールデンスポーツイヤーズ』名付けられました。

また奇跡の3年とも表現され、地域活性化への活用や日本企業に広がるチャンスだとも捉えられています。

開催される国際スポーツについて

日本で3年続くスポーツ大会

日本で3年続く、スポーツ大会には

2019年 ラグビーワールドカップ
2020年 東京オリンピック
2021年 ワールドマスターズゲームがあり、

レガシーの創出にも期待されています。

それでは、どんな大会なのか今一度、意味合いを見てみましょう。

国際スポーツ大会の詳しい内容

『ラグビーワールドカップ2019』

オリンピック、FIFAワールドカップに次ぐ規模となる世界三大スポーツイベントのひとつ。

ラグビーワールドカップ2019はアジア初の開催となる。

開催日程は、2019年9月20日から11月2日までの予定となっており、第9回大会に当たる。

オリンピックと同様に4年に1度行われ、15人制ラグビーの世界王者決定戦となるのがラグビーワルドカップ、世界中のラグビープレーヤーにとっては選ばれた人間だけが出場することができる憧れの舞台となる。

『東京オリンピック2020』

オリンピック

言わずと知れた東京オリンピック。

7月24日から8月9日までの17日の間、開催される予定のオリンピック。ホスト国は日本。東京オリンピックや東京五輪呼ばれる。第三十二回の大会となる。

1964年に開催された第18回夏季オリンピックに続き、東京開催は2回目となる。

1940年(昭和15年)に東京府東京市で開催予定の夏季オリンピックだったが、志那事変の影響によって、実現しなかった。

『ワールドマスターズゲーム2021関西』

原則30歳以上のスポーツ愛好家であれば誰でも参加できるという、生涯スポーツの国際総合競技大会
毎回、オリンピックの翌年に開催される。

前回は2017年にニュージーランド・オークランドで開催。

ラグビーワールドカップと同様にアジアで初の開催となる。
ワールドマスターズゲーム2021関西は第10日目の記念大会。

最後に

いかがだったでしょうか⁉

様々な期待が持たれている、3年連続のスポーツ大会『ゴールデンスポーツイヤーズ』

ある場面では、活動を通して学生たちがスポーツを支える人材に成長することだったり、ある地域では、ホストタウンの事前合宿施設として地域の親しみと理解の醸成に取り組んだり、ある観光局では、マイス誘致やツーリズムを促進しポーツと観光資源を組み合わせて市場を広げることを考えてます。

人や地域によって様々な場面を迎えるゴールデンスポーツイヤーズ、個人としても、そこに携わることで新たな出会いや、発見、そして成長につながることでしょう。

スポーツを通した取り組みに声援を送っていきたいですね。

次回は、ゴールデンスポーツイヤーズによる地域活性化にスポットを当ててみます。