阪神甲子園球場の名物について!?(阪神甲子園球場は、天然芝と7回のジェット風船が名物です )

スポ女チエ

甲子園球場といえば春夏の高校野球や阪神の応援が有名だよね。
私の場合はグルメにばっかり目が行っちゃうけどさ。

ツカサ

甲子園なら阪神園芸でしょ。あのグラウンド整備の流れるような動きは見る価値あるよ。
あまり目立たないからこそのスゴイ仕事をしているんだなと改めてものすごく感じたよ。

プロ野球の阪神タイガースは、西宮市にある甲子園球場が本拠地になります。
シーズンの半分近くの試合を行い、関西の野球ファンが集うスポーツ施設の1つです。
また、甲子園は、春と夏になると高校野球の全国大会が開かれます。

北は北海道、南は沖縄まで、応援にかけつける人でいっぱいです。

アマチュア野球の聖地と呼ばれ、歴史や名選手がプレーした球場になります。

そんな甲子園は、完成した当初、東洋一の大球場として驚かせたものです。

ホームから外野席までが広いため、野球の醍醐味であるホームランが出にくい難点があったようです。
少しでもホームランが出やすいよう1947年に、日本で初めて甲子園球場がラッキーゾーンを設置しました。
それ以後、プロ野球や高校野球でホームランがよく出るようになりましたが、1991年に撤去されます。

また、甲子園球場の魅力は、外野の天然芝と内野の黒土です。
多くのプロ野球場がドーム化になり、人工芝になる中、自然の芝生は足腰にやさしく感じます。

使われている黒土は、複数の県から採取されていて毎年変わるようです。

ブレンドされた黒土は、怪我がしないよう柔らかくあたりがソフトです。

しかし、甲子園は、住宅地の一角にあるため阪神の試合で、夜10時を過ぎれば鳴り物が禁止です。
ファンは、手拍子や声援でチームを応援しますが、阪神ファンは熱狂的なので歓声は大きいと言えます。

また、甲子園の応援ポイントとして、7回に放たれるジェット風船が有名です。

阪神の攻撃を迎える7回裏に、試合を盛り上げる、後押しするため風船を飛ばすサービスが生まれました。

4個入りで200円で販売されるジェット風船は、4色で縦長な形が特徴になります。

さらに、甲子園名物としてカチワリ氷が販売されていて、ビールと共によく売れる商品です。
カチワリ氷は、ナイロン袋に400グラムの氷が入っているだけのシンプルな飲み物になります。

値段は、ジェット風船といっしょで200円になりストローで吸います。

カチワリ氷は、春と夏の甲子園大会でよく売れる商品です。暑い夏は、応援席でカチワリ氷を吸いノドを潤すファンが目立つようになります。
甲子園に赴いたときには、プロ野球はジェット風船、高校野球ならカチワリ氷を買って楽しんでみてはいかがでしょうか!?