イングランドの国民的スポーツ!クリケットとは!?

スポ女チエ

世界には様々なスポーツがあるけど、球技といえば野球にサッカー・バレーボール・テニスがメジャースポーツとして日本では栄えているね。

ツカサ

日本ではまだまだ競技人口は少ないけれど、世界規模で考えた時にメジャーといわれている球技があるんだよ。
それがクリケット!!
知らない人もいるかもしれないけど、競技人口は驚きの世界3位。
バスケットやサッカーに次ぐ人口の多さなんだよ。

なかなか日本で浸透していないクリケット
(ちゃんと日本クリケット協会があり、日本代表メンバーがいるれっきとしたスポーツです)。

1チーム11名で行い、バットとボールを使う競技です。

日本人の多くの方は、野球の先祖、イングランドの国民的スポーツくらいのイメージしか浮かばない方も多いと思います。
クリケットは16世紀イングランド南部で発祥しました。

18世紀末にはイングランドの国民的スポーツにまでなりました。

イギリス統治下の国でも浸透し、現在は100ヵ国以上の国と地域で、プレイ人口はサッカーに次ぐ第二位で1億5千万人のプレイ人口がいると言われています。

インドでも人気!!

オーストラリアやニュージーランドでも盛り上がりもすごいですが、何といってもそのプレイ人口の裏には、インドで盛んにプレイされているからという理由もあります。

他のスポーツと違い、専用のプレイコートや高い道具を買わなくても遊べる手軽さも良かったんですかね。
インドではクリケットがすごく人気で、トッププレーヤーのマヘンドラ・シン・ドーニ選手になると推定年収は39億円だとか!いやはやすごい数字ですね。

アメリカンドリームならぬインディアンドリームが詰まっています!

これなら小さい子供がプロ選手に憧れてクリケットを始めるのも頷けます。
クリケットは確かに野球に似た部分が多いですが、違う部分もたくさんあるんですよ。
まず、投げられたボールはノーバウンドは勿論、ワンバウンドしたボールでも打って良いんです。

またウィケットと呼ばれる棒に投球が当たるとアウトになりますが、アウトにならない限り打者は何球でも打てるのは驚きました。

また360度どの方向に打ってもアウトにはなりません。
イギリス発祥の紳士のスポーツと呼ばれるだけあって、試合時間が長く、2時間に1度ティータイムが挟まれ、勝ち負けよりも社交場という側面が強いんでしょうね。

本格的な試合だと1試合につき4-5日かかるらしく、なかなかオリンピックなどの国際大会に折り込むのは難しいんでしょうね。

せかせかして、4-5日もかけられない日本ではまだまだ浸透しにくいとは思いますが、野球とはまた違った魅力があります。

The following two tabs change content below.
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。