The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

中学校食堂研磨後

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

群馬県内小中学校床研磨塗装工事

施工場所 小中学校教室フローリングフロア・廊下フローリング・食堂室フローリング
施工内容 フローリング研磨塗装
目的 教室のフローリングを再生・廊下のフローリングを再生・食堂室のフローリングを再生
施工経緯 お客さまからのご依頼

本日より群馬県内の小学校及び中学校で床の研磨塗装工事が始まりました。

小学校は2F廊下と教室2部屋、中学校は食堂室の研磨塗装工事となります。

作業初日なので、私も立ち会いました。
それぞれ担当してもらう職人さん達に施工箇所や作業中の注意事項を説明してきました。

どの現場でもそうですが、作業中の注意事項を作業してもらう職人さん達に説明しておくことでちょっとしたトラブル対策になると思います。

帰り際、夏場の作業なので職人さん達に熱中症対策を忘れないでくださいとお願いしてきました。

群馬県内小中学校 研磨塗装工事1群馬県内小中学校 研磨塗装工事2

フローリング研磨塗装はフローリング表面を薄く削っていく作業です。

研磨回数を増やすことで、深く削ることもできますが、フローリング自体が雄実と雌実で接合されています。

フロアー用スクリュー釘、あるいはフロアーステープルによって雄実部分から下地へ固定されています。

そのため、削りが深すぎるとフローリング表面から実までの距離が短くなり、構造として弱くなってしまいます。

今回のような教室床のメンテナンスを考えた時、削りを行って塗装をするという考え方と、数年に一度、フローリング素地が痛む前にウレタン塗装を行うという考え方があります。

どちらが施設に適しているのかを考慮して、メンテナンスを行うことをおススメします。