その数なんと5万人⁉あなたは大丈夫!運動不足で起こりうるシンドロームとは⁉

運動不足で起こりうるシンドロームとは⁉

その数、毎年5万人⁉

いきなりですが5万人!
この数は何だか分かるでしょうか⁉

日本において運動不足で死亡する人の数です。
しかも、毎年です。
運動不足、は危険な症候群を引き起こす可能性があります。
移動する機能が低下してしまうのです。

※参考:THE LANCET 日本特集号(2011年9月)日本:国民皆保険達成から50年 

運動不足が続くとメタボリック症候群やロコモティブシンドロームになる⁉

運動不足が続くとメタボやロコモといった症候群を引き起こします。
ところで、皆さんロコモはご存知でしょうか⁉

今から少し前の2007年頃、日本整形外科学会によって提唱された概念です。

正式にはロコモティブシンドローム(運動器症候群)と言います。
骨・筋肉・関・靭帯・腱・神経などから構成される運動器に障害が起き、移動機能が低下した状態の事を指します。
自立度が低下、介護が必要になったり寝たきりになる危険性が高まります。

予防法として、生活習慣の改善や適度な運動があげられます。
運動習慣を付けることが望ましいのです。

ただし注意が必要です。
運動をすれば解決するんじゃないかと思われるかもしれませんが、運動器の低下している箇所や症状は人それぞれです。
その人に合わせた運動をする必要があります。
同じ運動でも時間や、掛ける負荷によってその人への負担は変わるからです。

ただ、運動といっても日頃から行っていない方は、何をしていいのか分からないと思います。
また、運動不足の方の中には、運動が苦手だという方や、膝痛や腰痛があり動くのが辛いといった方も少なくないと思います。
そこで、予防におすすめの運動方法をご紹介していきます。

運動不足の方におすすめの運動方法‼

運動って聞くとツライというイメージがあるので一歩踏み出して行う事は結構勇気がいります。

ただ、ちょっと工夫をするだけでも予防になるので、これなら誰にでもできると思います。
一番は何といっても歩く事です。
車社会ってこともあって多くの人が徒歩で移動するケースが少なくなっています。

足の筋肉の低下を防ぐためには近場であれば徒歩や自転車を利用して足の筋肉を低下させない、逆に増加させることが必要です。
また、体が硬いと怪我を引き起こしやすくなります。

怪我の予防というではストレッチが適しています。
筋肉をほぐして血行をよくしてあげましょう。
歩く・ストレッチばかりだと飽きてしまうので、ラジオ体操をするのも体にとってはいいことです。

ラジオ体操自体はテンポが速いので音楽をかけないで自分のペースでラジオ体操してください。
どちらにしても無理せず、楽しく行う事が気持ちのでも余裕が生まれロコモティブシンドロームの予防にも効果が期待できる事でしょう。

水中運動は足腰に負担が掛かりにくい

痛みの悩みは高齢者が方の多くが抱えていることでしょう。

地域のプール施設を利用

そういった方には水中運動がおすすめです。

水中運動は陸上で運動をするのと比べて、足腰に負担が掛かりにくいとされています。
そのため、足腰が弱くなっていたり、腰痛に悩まされていたりする高齢者でも挑戦しやすいと言えます。

水圧がかかることで、血液の循環が良くなります。
水中運動を習慣付けることで、心臓病や脳卒中を招く高血圧を予防し、健康な日々を送ることができるのです。
ムリなく始められる有酸素運動でもあります。

必ずしも泳がなければいけない訳でもなく、水中ウォーキングやエアロビクスで、トレーニングができます。
水中を歩くだけでも効果がありますし、エアロビクスは、運動を楽しく行いたいと考える人に向いています。
陸上と比べてカロリーの消費量が多いところも魅力です。

何よりも、プール通うことによって社会的な繋がりができたり、同世代の仲間が増えることも元気の源になるのではないでしょうか⁉

 

関連記事

  1. ソフトテニスの歴史

  2. テニスの歴史

    テニスの歴史とは⁉

  3. 体育館床材価格

    体育館床材の価格帯とは⁉

  4. ラグビー

    ラグビーの始まりと歴史について!

  5. 体育館床張替及び床研磨塗装

ご挨拶

 

はじめまして、コートラインプロの霜鳥です。
スポーツフロアの施工からメンテナンス、体育設備の事ならお気軽にお問い合わせください。

 

もしお時間がありましたら、私たちの床工事への想いと歴史をご覧くだされば幸いです。

 

 

 

 

スポーツフロア施工メニュー

体育館の豆知識

スポーツフロアメンテナンスの知識

 

 

 

スポーツフロア工事のあれこれ

体育設備工事のあれこれ

インフォメーション

スタッフ紹介

ご連絡先はこちら

 

長野本社
〒380-0928
長野市若里1-27-2
TEL:026-227-7093
FAX:026-224-3314
営業時間 8:30~18:30
対応エリア
関東甲信越地域

 

千葉営業所
〒272-0013
千葉県市川市高谷1-11-26
TEL:047-315-8394
FAX:047-713-3429
現場に出ていることが多いのでお急ぎの方は本社にお掛けください。
対応エリア
関東地域

※その他の地域についてはご相談ください