The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

東信地区体育館床工事ゴム入れ

体育館ライン工事、木部塗装、ゴム入れ

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀内です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 体育館床「スポーツフロアー」
施工内容 床フローリング研磨、ベニヤ捨て貼り、長尺シート張り、コートライン引き
目的 スポーツフロアー「フローリングフロアー」を改修して長尺フロアーへ
施工経緯 お客さまからのご依頼

東信地区の体育館です。

工事内容は、既存床を平滑に研磨した後、ベニヤ捨て張り、長尺シート貼り、コートライン引きとなります。
だいぶ古い床なので目違いが目立ちます。

仕上りに支障をきたすため不陸調整および、ボンドの密着をよくするために研磨機にて削ります。
写真は長尺下地のベニヤを貼っているところです。

削った床が白くなってますね。

ひたすらボンドを塗ってはベニヤを並べエアー工具でバシバシ釘を打ってます。
コンプレッサーがうなりっぱなしでもう悲鳴をあげております。

体育館ゴム入れ施工前体育館ゴム入れ施工後

仕上りとしては現状床に12mmベニヤ+6mm長尺ですので床高が約18mm上がります。
そうなると出入り口部分や扉部などの高さ調整が必要となる訳ですが、
さすが職人さん、綺麗に納めています。
この後の仕上がりが楽しみですね。

東信地方の体育館ライン塗装他
塗装工事も絡むので、ゴミやホコリが混入しない様に清掃にも気を使っています。