ニュースポーツ『バブルサッカー』について

スポ女チエ

最近、アミューズメント施設でも遊ぶことができるようになった、バブルサッカーの魅力を教えちゃうよ!!

ツカサ

若者を中心に人気急上昇のスポーツ。
今回はボールを使ったサッカーだけど、バブルを活かした他のスポーツもあるからバブルひとつで色々と楽しめちゃうね。

バブルサッカー

スポーツに造詣が深い方ならご存知かと思いますが、バブルサッカーを知っていますか?

バブルサッカーはその名の通り、空気で膨らんだ大きく透明なバブルの筒状の部分に入り、 サッカーをするスポーツになります。

このスポーツはノルウェーのバラエティ番組で考えられ、世界各国に波及していきました。
日本の番組でも時々、取り上げられています。

バブルサッカーをしている時は、音楽がかけられているので、 気分よく体を動かすことができます。
見た感じは、ふざけて遊んでいるように見えますが、とてもきついスポーツとなっています。

バブルサッカーのルール

それでは、バブルサッカーのルールを説明していきます。
バブルサッカーは1チーム5人で行います。

その中の1人はキーパーとなります。

バブルサッカーの始め方は、3・2・1・ピーと笛が鳴ったらスタートとなり、中心に置いてあるボールに向かって全員が走っていきます。
ここからがキックオフです。

一番最初にボールに触れた人が、いきなりシュートをして入っても 得点となります。
ボールが白線から出るとラインアウトとなり、キックインのスタートとなります。

普通のサッカーのように、手を使ってスローインをすることが できないため、そのようなルールになっています。
また、ファールをした時も、その場所からキックしてスタートとなります。

この場合、いきなりゴールを狙って 入ったとしても、得点は認められません。
交代する時は、ライズマンに声をかけて、その後は主審の判断により交代します。

また、バブルサッカーで反則になる行為 は、その国により少し変わってきます。そんな訳で、一般的な反則を説明します。
一つ目に「ヘッドイン」という反則を説明します。バブルには、人間が入りやすいように中心が筒状の空洞になっています。
そのため、頭の上の部分にボールが入ってしまうことがあります。

このような状態になると、 プレイを続行することは不可能となりますので、試合は一時中断されます。

2つ目に「オーバーバール」という反則を説明します。
なんかの拍子でボールの上に乗っかってしまうと、他の人がボールを触れなくなってしまいます。

そのため、それは卑怯なことでもあるので、反則となってしまいます。
次に「バブルパンプ」という反則を説明します。
ボールをもっていない人にわざとぶつかると、反則になります。

このようにバブルサッカーは、サッカーができないような人でも、楽しんですることができます。