新校舎OAフロアについて

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀内です。
本日は、学校校舎新設に伴うOAフロア工事の施工レポートです。

保坂司
ツカサ

パソコン室にOAフロアを敷き詰めタイルカーペットで仕上げます。
このOAフロア、法人様のオフィスにも多く採用されています。
もちろんコートラインプロでも施工に当たらしていただいています。
OAフロアやパーテーションの設置もご相談ください。

施工場所学校施設・パソコン室
施工内容OAフロア―設置
目的パソコン室にOAフロアを設置する
施工経緯 お客さまからのご依頼

新校舎OAフロアのようす

こんにちは、コートラインプロの保坂です。

本日は、某新校舎のOAフロア―の設置工事に来ています。
OAフロア―は新築の床及び既存の床に敷きつめることで配線を収納することができます。

床にコンセントなどを設置することができるためフロアレイアウトの変更がより簡単になります。
下の写真を見ていただければ分かるように、配線されているのが分かりますよね!

このように、パソコンや電気の配線を敷きつめていくんです。

その後、パネルを設置、タイルカーペットなどの仕上げ品を張っていくのが一般的です。
もちろん仕上げ後の歩行感も良好です。

尚、コートラインプロでは置敷きタイプのOAフロア~レベル調整タイプのOAフロアーを取り扱っています。

置敷きタイプのものは、高さが固定されたプラスチックのブロックで出来ています。
レベル調整が必要なく軽量なので、短期間の施工を現します。

コートラインプロでは低床タイプの物から100mmほどの置敷きタイプのものをご用意しています。
レベル調整タイプのものは、高さ調整が可能な支持脚にパネルをのせることで配線が可能となります。
置敷き(樹脂パネル)タイプの物とは違い、高さを求められる場所、耐火性を求められる場所に採用されています。

アルミやスチール、ケイカルパネルのものをご用意しています。床高さはH50(mm)~になります。

それぞれにメリット・デメリットがあります。

コートラインプロでは、このOAフロア工事においても数多くの績を誇ります。
OAフロア―販売~OAフロア施工までお気軽にお問い合わせください。

The following two tabs change content below.
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。