The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

中野市教室フローリングブロック研磨塗装について

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 学校施設(教室)床
施工内容 (学校施設床改修工事)フローリングブロックの床研磨及びウレタン塗装
目的 古床を床研磨塗装にて再生
施工経緯  お客さまからのご依頼

中野市教室フローリングブロック研磨塗装のようす

こんにちは、コートラインプロの保坂です。

本日は教室木床フローリングブロック研磨塗装について施工レポートです。
小学校の教室、サンダー掛け・ウレタン塗装工事を報告させていただきます。
施工箇所は、だいぶ古い床ですねぇ。

塗装が剥げており、ところどころ黒くなっているのが分かります。
この古床が見違えるように綺麗になってしまうんですから不思議です。
施工前から完了までの写真です。

工事の流れが良くお分かりになると思います。
どうです?! こんなにも綺麗になってしまうんです。

貼られている床は、「フローリングブロック」といいます。
ひょっとしたら、見たことない人もいるのではないでしょうか。

主に、文教施設の教室に使用されてます。あとは、美術館などにも使われてるところが多いでしょうか。
ただ、地域によっては、学校の校舎は、長尺材やコンクリート床であったりと、木のフローリングが使用されていないところもあるようです。

フローリングを扱う人間としては、ちょっぴり哀しいです。(涙)
ちなみに私の通った小・中・高等学校の校舎の床もコンクリート床でした。

この「フローリングブロック」、なんとも上品な雰囲気があります。
室内を市松模様でより美しく演出してくれますよね?

私の大好きな床材の一つです。

このフローリングブロックのメリットの一つとして、緻密に無垢材を敷き詰めることで耐久性にもつながりやすいといったこともあります。
だから、床にキズが残りにくいことで、今回のような文教施設などに多く採用されているんです。

フローリングブロック研磨塗装施工前のようすです。

海外でも市松模様のフローリングブロックは人気があります。
ドラムサンダーで削っていきます。

ダラムサンダー荒掛け・中掛け・仕上げと削り出し、白木に戻します。
その後塗装を行っていきます。

ウレタン塗装も、下塗り・中塗り・仕上げ塗りを行って完成になります。
写真左はウレタン下塗りの完了・右の写真はウレタン中塗りのようすです。

中塗り塗布後、仕上げ塗りを行っていきます。
コートラインプロへのフローリングブロック研磨塗装のご依頼ありがとうございました。
床研磨塗装ならコートラインプロにお任せください。

コートラインプロのフローリング研磨塗装について

フローリング研磨工事(サンディング)古い無垢材を削り出す事で、新しく生まれ変わります研磨をすることで古い床が新しい床のように再生します。その技術は、料理屋さん...

 

コートラインプロのフローリング研磨事例

コートラインプロのフローリング研磨事例についてフローリング研磨事例一覧              &nb...

 

コートラインプロのフローリング塗装事例

コートラインプロのフローリング塗装についてコートラインプロの各種フローリング塗装事例についてご覧いただけます。創業46年からコートラインプロではフローリング塗...