The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

藤岡市教室ウレタンメンテナンスについて

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 学校施設(教室)床
施工内容 教室床ウレタンメンテナンス
目的 教室の床メンテナンスを行い保護層を回復
施工経緯  お客さまからのご依頼

藤岡市教室ウレタンメンテナンスのようす

こんにちは、コートラインプロの保坂です。

学校さまの教室の床面のメンテナンスに伺いました。
床のメンテナンスというとワックス掛けと想像される方も多いとおもいますがワックスではなく、塗料(ポリウレタン樹脂塗料)を使用したメンテナンスもございます。

今回行った床ウレタンメンテナンスに関してですが、まずは既存の床面に下地調整作業を行い塗装面の素地を作り、水性ポリウレタン樹脂塗料を塗って仕上げました。
ウレタンメンテナンスは光沢の回復だけではなく、専用塗料でコーティングすることで床面にしっかりとした塗膜(保護層)を形成します。
教室の床や歩行頻度の高いフローリング面は表面の摩耗速度も速くなります。

ワックスメンテナンスでは、短期間で表面保護の効果がなくなりますのでメンテナンス頻度も半年ないしは1年に数回必要となりますが、ウレタンメンテナンスは床面にしっかりとした塗膜(保護層)を形成しますので、メンテナンス後3年程度は通常清掃以外のお手入れは必要ありません。

*利用頻度・利用状況によってはメンテナンスサイクルに変動があります。
塗料のニオイに関しても水性のポリウレタン樹脂塗料であればそれほど刺激の強いニオイが発生しませんので、室内の塗装であっても作業中・作業後も問題ありません。