The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

工事事例・床研磨工事始まりました

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀内です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 中学校教室床
施工内容 フロアー研磨、ウレタン塗装
目的 中学校改修工事に伴い床をキレイに再生する
施工経緯 お客さまからのご依頼

今週から床研磨塗装工事「フローリングサンディング」が始まりました。
今回、削るフローリングはフローリングブロックというものです。

一時期、多くの教室に採用されていました。

市松で張られていて、きれいですよね。

見たことがある人も多いのではないでしょうか?

公共施設の建築ラッシュから時が経ち、現場によってはブロックの劣化が著しいものがりますが、中掛けでここまの仕上がっていれば、次回も研磨塗装「フローリングサンディング」でのメンテナンスが可能でしょう。
数年後にウレタンメンテナンスができれば良いのですが、メンテナンスの主流は床研磨塗装になっています。
(写真は下請け工事のため名前部分を消させていただいています)

木床研磨の様子

床研磨塗装「フローリングサンディング」をしています。
写真は床研磨の中掛けをしている状況です。荒掛け、中掛け、仕上げ掛けで行っていきますが、仕上げ掛けに近づくほど、フローリングの表層がキレイになっていきます。

床研磨完了

仕上げ掛けを行った後、確認しながらさらに削り出します。
写真は研磨後に清掃まで行ったようすです。フローリングがすっかりきれいになりました。

木床塗装1回目

一回目のウレタン塗装を行っているようすです。
使用する塗料は油変性のポリウレタン塗料です。
フローリング研磨後には、ウレタン塗装を3回行い完了となります。