The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

工事事例、ウレタン塗装

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

工事事例、ウレタン塗装
本日の現場作業です。
小学校校舎の教室内のフローリングブロックの研磨塗装工事、ウレタン塗装2回目です。
もうこれが仕上げかというほど、ピカピカです。
明日、この上にもう1回、ウレタン塗料を塗って工事は完了となります。

ところで、ウレタン塗料とワックスの違いをご存知ですか?
フローリングには、ワックスによるメンテナンスが一般的とされていました。これは、「樹脂ワックス」がベストの選択だったために選ばれてきた訳ではありません。

ウレタン塗料のメリット
・高耐久性でメンテナンス周期を大幅に延長できる
・作業工程の中で、水はほとんど使用しませんので、床材に対して大変やさしい作業内容です。
・ウレタン塗料は塗膜が強靱なため、日常のお手入れが簡単になります。

また、ワックス掛けされている床にウレタン塗料を塗る場合には、密着不良を起こすためワックス剥離作業をしなければなりません。
この作業には大量の水を使用するため、木材にとって大敵です。
しかし、本工事のように白木に出してウレタン樹脂を塗り込めば、写真のような新しい床へと再生できます。
無垢フローリングにとって研磨塗装こそ、最高のメンテナンスではないでしょうか。

フローリングウレタン塗装

本日の現場作業です

床研磨塗装2日目

2回目のフローリング塗装です

IMG_0367

今日は2回目のフローリング塗装で終了です