The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

防球ネットもお任せ下さい

屋内運動場、防球ネット補修・修繕工事

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀内です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工地域 長野県塩尻市
施工場所 体育館
施工内容 防球ネット撤去・ローリングタワー設置・防球ネット設置
目的 古くなって痛んだ防球ネットを交換
施工経緯 お客さまからのご依頼

長野県で防球ネット改修工事を行いました。

防球ネットにも用途により、多種ありますが、
今回のネットは、中央間仕切り防球ネットとなります。
アリーナ内においてコートを半分ずつ使用したいときの間仕切り用ネットですね。

クラブなどでの練習では、バスケットボールやらバレーボールがあちらこちらから飛んできます。
そうなると転がっているボールが邪魔だし、なによりも危険ですよね。
そこで中央部に間仕切りネットを張ることでボールの飛散を防いでくれるんです。
防球ネット改修工事
この体育館では、網が大きく破れてしまっていたため部分補修では収まらず
防球ネット自体を新しいものに替えました。
防球ネット修繕工事2

まずは撤去作業です。
アリーナ中央天井部に親綱が張られており、そこにリングの付いたネットが通されてます。ですので取り外すのも一苦労です。
ローリング足場を組んでの高所作業です。

5段のローリング足場。1段の高さが1.8mなので約9mの高さです。
下から見てるとそうでもないですが実際に上に登ると足がすくみます。
安全帯ヨシッ!!

新しい防球ネットの設置です。
漁師さんが網のほつれを直しているわけではありません。(笑)この後、親綱をピンと張り完了です。