The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

バレーボールコートライン

屋内スポーツ施設(体育館)バレーボールコートライン追加工事

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
本日は、バレーボールコートライン設置工事の施工レポートです。

保坂司
ツカサ

バレーボール用のスポーツコートを増設したいとのことでご依頼を受けました。
既存の床に新たにスポーツコートラインを引きたいとお考えでしたら参考になるかもしれません。
水色のコートを追加しました。
ビフォーアフターでどのように追加されたのかが確認できます。
それではご覧ください。

施工場所 屋内スポーツ施設「体育館スポーツフロアー」
施工内容 バレーボールコートライン設置工事
目的 テープ対応していたバレーボールコートラインを新たに塗装で設置する
施工経緯 お客さまからのご依頼

コートラインプロでは経年劣化や使用によっての摩擦で消えかかってしまったスポーツコートラインを再生したり、既存の体育施設にスポーツコートを新たに描く工事もおこなっています。
福島県にてバレーボールコート2面の新設を行いました。
バレーライン追加工事
施工前の体育館です、バレーのコートラインを描かずにテープで対応していたため剥ぐと糊の後で黒ずんでいました。
テープの粘着が強いものによっては剥す時にフローリングの表層部分も持ってきてしまう可能性があるため注意が必要です。
バレーライン追加事例2
鉄骨部分にケガ防止用のクッションが設置されており、バレーのラインに被る部分があります。テープ幅開けてラインを描きます
バレーライン追加事例3
ジョイント部分の修繕を行い、最後に仕上げ塗りをします。

テープを貼り放置した結果、フローリング表面が剥がれてしまう事例です。
強いテープを貼り、長く放置することで密着が良くなり、テープをゆっくり剥がしてもフローリングの表層がくっついてきてしまいます。

どのような状態になるのかは次の通りです。