The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

小学校フローリングブロックサンディング・ウレタンコーティングについて

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
本日は、学校校舎(小学校)のフローリングブロック・サンディング塗装事例のご紹介です。
フローリングブロックは、一昔前、二昔前に公共施設や商業施設に多く採用されていたフローリングです。
皆さんも、どこかで見たことがあるのではないでしょうか!?

保坂司
ツカサ

このフローリング学校はもちろんのこと、ホームセンターなどでも広く採用されていました。
また工場などにも普及していました。
今では、塗床などになりました。

施工場所 学校施設(教室)床
施工内容 (教室床改修工事)フローリングブロックサンディング・ウレタンコーティング
目的 教室床のリフォームを行う
施工経緯  お客さまからのご依頼

小学校フローリングブロックサンディング・ウレタンコーティングのようす

県内の小学校さまの教室の床(フローリングブロック)の改修工事を行いました。

こちらの教室の床ですが、フローリングブロックの破損箇所が数ヶ所ありましたので、まずはフローリングブロックの破損箇所を部分的に張り替えました。
新設時のフローリング面は塗料でコーティングされた状態ですが、経年の使用により塗膜の摩耗が進みフローリングの素地があらわになっている状態でしたので、今回の改修で教室床面全てサンディング・ポリウレタン樹脂塗料でのコーテイングを行いました。

サンダー掛けを行いフローリングの素地まで削り出し、ポリウレタン樹脂塗料でコーテイングすることで教室の床が新たに蘇りました。
学校など文教施設の床材としてフローリングは多く使用されております。

既存の床状況にもよりますが、今回のケースのようにサンディング・ウレタンコーテイングを行うことで、新設時に近い状態に戻すことも可能ですので、興味をもたれた方はぜひ一度ご相談ください。