バスケットボールゴールワイヤー

体育館吊り下げ式バスケットボールゴール修理

事務hori

みなさん、こんにちはコートラインプロの堀内です。
本日の施工事例は、吊り下げ式バスケットボールのゴールの修理になります。

保坂司
ツカサ

滑車の故障によって、使用できなくなっていました。

施工場所屋内運動場体育館
施工内容体育館吊下固定式バスケット装置、滑車・ワイヤー交換
目的バスケット装置を修理して、使用できるようにする
施工経緯ホームページからのお問い合わせ

本日は千葉県の中学校体育館吊り下げ式バスケゴール修理です。
滑車2ヶ所、ワイヤー交換になります。

滑車が劣化して車輪が下に堕ちてしまったそうで、お問い合わせを頂きました。

バスケット装置には吊下固定式と壁固定式と移動式があり、さらに分けることができます。
吊下固定式にはリモコン操作式・手動操作式が、
固定式には、ハンドル操作式・電動操作式が、
移動式には電動収納式・手動収納式・固定式があります。

不随する装置としてはバックボード上下調装置・昇降器・折畳装置などがあります。

最近まで、多くの体育館で吊下式バスケットゴールの耐震化が行われてきました。
耐震化の目的は、丈夫にすること、落下させないことです。
耐震化には、次のユニットがあります。
☑ 落下防止対策
取り付け部の補強を行います。
万が一取り付け部が外れた場合でも落下を防止します
☑ 移動防止対策
取り付け部分の移動を抑制する金具を取り付けます。
これによりゴールのずれを防止します
☑ 強化対策
荷重を分散させます。
これによりパイプの変形を防止します。
新たにバスケット装置にあった対策を進めることで安心して使用できる施設環境になります。
バスケゴール落ちてしまった滑車バスケゴール抜け落ちてしまった滑車

予定していた時刻よりやや早めに修理完了する事ができました。

新しい滑車滑車取り付け完了

保坂司ツカサ

体育器具のメンテナンスについて、まずはご相談ください。

▶その他の体育設備メンテナンスについてはこちらをご覧ください

The following two tabs change content below.
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。