The following two tabs change content below.
アバター
塩入
【資格】木製床管理者/有機溶剤など【仕事】床職人から管理までを行っている。スポーツ関連の仕事に就きたいと大原学園のスポーツビジネス科に入学、卒業後、床職人の道に‼現在、千葉営業所勤務・関東を中心に床工事を行っている。【想い】お客さまにはより良い工事を、そしてビジネスパートナー様には共に伸びるため、良い提案をしていきます。【本人より】関東近郊のスポーツフロアや体育器具の工事ご相談ください
事務hori

先日行った置床工事のものですね。。

ツカサ

はい、工期がないなか職人さんに頑張っていただきました。
床下の配管が凄かったんですよ!!

医療センター置床・二重床工事

夏バテには食べることが第一と、ダイエットを忘れて食べ続けています。
皆様もお体にはご自愛ください。
千葉営業所の塩入で御座います。

今回は、医療センター内の床工事をご報告いたします。
それにしても配管がぎっしりあります。
こうした箇所に容易に床組できるのも、この工法のメリットでもあります。
その名の通り「二重床」なのです。

レーザーを使って、床レベルを出しているところです。
この二重床の支持脚は受け皿とアジャスターボルトで構成されており
プラスドライバ―にて上げ下することで、床のレベルを水平に固定できるんですよぉ!!
壁面部は、墨出しをしたのち際根太用の野縁・木束を固定してパーティクルボードを支えます。
今回のような野縁を使う際根太工法を「在来際根太工法」といいます。
逆にアジャスターボルト付の際根太を使用する工法は「システム根太工法」となります。

床の高さが調整できるため、これまであった段差もフラットになりました。
二重床っえ、バリアフリーにも対応できるんですね!!