The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

新潟県体育館床研磨塗装について

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 学校施設(屋内運動場体育館)床
施工内容 (体育館床改修工事)スポーツフロアーサンダー掛け・ウレタン塗装・スポーツコートライン引き
目的 スポーツフロアー改修を行いコンディションをより良い状態にする
施工経緯  お客さまからのご依頼

新潟県体育館床研磨塗装のようす

こんにちは、コートラインプロの保坂です。
本日は新潟県の体育館床研磨塗装に来ています。

屋内運動場・体育館・武道場などのスポーツフロアーは非常に使用頻度が高い厳しい環境にさらされているため、保護層である塗装面の摩耗が激しい為、良好なフロアコンデイションを維持する為には定期的なメンテナンスが必要となります。

スポーツフロア面のメンテナンス方法としては、

1.ポリウレタン樹脂塗料を用いた表面塗装でのメンテナンス

2.全面サンダー掛けの上再塗装でのメンテナンスがあります。

施設によってスポーツフロアのコンデションは異なってきますのでメンテナンス方法の判別は状態によって変わってきますが、今回は研磨・塗装(全面サンダー掛けの上再塗装でのメンテナンス)の方法をご紹介します。

ポリッシャー掛け

1.まずは、フロアー面をドラムサンダーと言われる研磨機を使い研磨作業を行います。
研磨作業は研磨材の種類を変え3工程行い既存の塗膜を全て除去し塗装を行う為の素地をつくります。

2.ドラムサンダーでの研磨が済んだらポリッシャー(よくビルなどの床清掃の時に見かける回転する円盤のような機械)を使い仕上げの
研磨作業を行います。

3.電機掃除機除塵をしっかりと行います。

4.除塵後、ポリウレタン樹脂塗料1回目の塗装作業を行います。

5.必要な塗装間隔をとった後、ポリッシャー研磨を行います。

6.電機掃除機除塵をしっかりと行います。

7.除塵後、ポリウレタン樹脂塗料2回目の塗装作業を行います。

8.必要な塗装間隔をとった後、ポリッシャー研磨を行います。

9.電機掃除機除塵をしっかりと行います。

10.各種コートラインの塗装を専用塗料を用い行います。

11.3、6、9と同様に除塵作業を行います。

12.ポリウレタン樹脂塗料3回目の塗装(仕上げ塗装)作業を行います。

以上の作業を行い完了となります。
体育館床研磨塗のことならコートラインプロにお任せください。

*使用ポリウレタン樹脂塗料の種類によっては塗装回数が増える仕様もございます。