The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

高崎市体育館床研磨塗装(ドラムサンダー掛け)について

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 学校施設(中学校・屋内運動場体育館アリーナ)床・フローリングフロアー
施工内容 (体育館床工事)体育館アリーナ・フローリング研磨・スポーツ競技用コートライン引き(バスットボールコートライン引き・バレーボールコートライン引き・バドミントンコートライン引き・ハンドボールコートライン引き)ポリウレタン樹脂塗装
目的 体育館アリーナの床を研磨塗装して、きれいに仕上げる・スポーツ競技を行うための環境を整える
施工経緯 お客様からのご依頼

高崎市体育館研磨塗装(ドラムサンダー掛け)のようす

おはようございます。
コートラインプロの保坂です。

今回の現場は体育館の新築です
内容は体育館床工事(フローリング研磨・スポーツ競技用コートライン引き・ポリウレタン樹脂塗装)になります。

体育館床の工事は、通常、鋼製床下地組・コンパネ捨て貼り・フローリング張り・フローリング研磨・スポーツ競技用コートライン引き・ポリウレタン樹脂塗装が行われます。
今でも、それぞれの工程ごとに異なる職人で行われることがあります。
体育館の建築ラッシュだった、昭和~平成のはじめの頃には、木床工事職人の中でも鋼製床下地組み専門・フローリング直張り専門・フローリング普通張り・特殊張り専門・フローリングブロック専門・湿式フローリン
グブロック専門・床研磨塗装専門・スポーツ競技用コートライン引き専門と分かれていることが当たり前でした。

一職人ですべての工程を行うことが珍しかったんです。
仕事量も多かったため、分かれていた方が仕事が効率的だったのでしょう。

その分、職人さんの出入りが多くなり管理は大変だったと思います!
今では、床工事職人も下地組み~仕上げまで行えることが求められるようになりました。

体育館床研磨塗装施工レポート

本日の施工レポートは体育館床の研磨塗装になります。
新築時も改修と同様の工程で行われるのですが、古床とペーパーの当たり方違います。

まぁ、実際には木材の種類によっても違ってくるのですが、それぞれに効率と仕上がりを考え削っていきます。
基本的に研磨は3工程・ポリッシャー研磨が1工程・ポリウレタン樹脂塗装下塗り・ポリウレタン樹脂塗装中塗り・スポーツ競技用コートライン引き(基本的にバスケットボールコートライン・バドミントンコートライン・バレーボールコートラインが描かれ、体育館毎に他の競技コートラインが描かれる傾向にあります)ポリウレタン樹脂塗装仕上げ塗りになります。

当現場では、ハンドボールコートラインも引きました。

スポーツ競技用コートライン引き完了後に、ウレタン塗装仕上げ塗りを行います。
今回採用された塗料は、水性のポリウレタン樹脂塗装になります。

ポリウレタン樹脂塗装は油性・水性がありますが、水性は油性と比べ光沢が無くマットな感じで仕上がります。
どちらも特徴があります。

もちろんコートラインプロでは下地のこと、フローリングのこと、コートラインのことなど提案させていただきます。
まずはお気軽にご相談ください。
体育館床工事のご依頼、ありがとうございました。