The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

体育館床ウレタン塗装について

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 体育館床フローリングフロア
施工内容 体育館床フローリング(研磨塗装現在までフローリング研磨・下塗りウレタン・中塗りウレタン・スポーツコートライン引き・ウレタントップコート)
目的 体育館床のフローリングに研磨及びウレタン塗装してフロアコンディションをより良い状態に
施工経緯 お客さまからのご依頼

体育館床ウレタン塗装のようす

こんにちは、コートラインプロの保坂です。

体育館床ウレタン塗装施工中です。

昨日まで2回目のウレタン塗装(中塗り)後のスポーツコートライン引きを行いました。

明日は、ウレタンのトップコートであるウレタン塗装3回目塗りを行います。

天気が悪い日が続きますね、もう少し晴れる日があると良いのですが・・・

雨の日は職人さんにとっては楽なのですが塗装の乾きは悪くなるので

明日の天気に期待します。

写真は2回目のウレタン塗装(中塗り)を行う前のポリッシャー研磨です。

体育館床ウレタン塗装施工中体育館床ウレタン塗装施工中2
密着をよくするためにも下処理は大切です。

しかしながら、塗料によってはリフティングを起こす可能性もあるため、良く削ればいいという訳ではありません。
今回使用するウレタンは油変性の一液のものです。

その特徴は
☑ 一液性で作業性が良い
☑ 耐摩耗性がよい
☑ 光沢がある
☑ コストパフォーマンスに優れる
☑ 塗料用シンナーで攪拌ができる、シンナー臭が弱い
になります。

既存のスポーツフロアーの光沢が無くなっている場合やスポーツ競技用コートラインにかすれなどが見られたらメンテナンスの時期です。
専門の業者に相談し、どのようなメンテナンスを行えば良いのかを見てもらいましょう。