The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

体育館・フローリングサンディングについて

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 学校施設(屋内運動場体育館)床
施工内容 (体育館スポーツフロアー及びステージ床研磨塗装工事)”体育館アリーナ床”フロアーサンディング・スポーツ競技用コートライン引き・バドミントンコートライン引き・バスケットボールコートライン引き・バレーボールコートライン引き・ポリウレタン樹脂塗装3回塗り”ステージ”フロアーサンディング及びポリウレタン樹脂塗装
目的 体育館床の研磨塗装を行う、スポーツフロアーを再生させる
施工経緯  お客さまからのご依頼

体育館・フローリングサンディングのようす

スポーツフロアの研磨塗装工事の施工写真を集めてみました。
一言で体育館といっても、人間同様に各体育館いろいろな表情があります。
まさに十館十色ですねぇ。

一昔前の体育館では、厚み15~18mmの無垢材が多く使われてきました。

表面が傷んできたら削って白木に出して再塗装すれば良いのですが、このメンテナンス方法も何度でもできるという訳ではないのです。
サンディング工事の限界は3回程度との目安とお考え下さい。

そもそも、フローリングは雄サネに釘を打って下地合板に固定しています。
ダボビスのある「特殊張り工法」ではフローリング脳天にビスを打ち込み木栓で塞いでいます。

この床に何度もサンディングを行うとフローリング表面が薄くなり釘やダボビスなどがフロア表面に露出してしまう場合があります。
そうなってしまうと床の張り替えといった工事が必要となってきます。

ご不明な点等ありましたらコートラインプロにご相談ください。