The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

防球ネット設置

体育館に防球ネット設置

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 体育館防球ネット
施工内容 防球ネットの設置
目的 柔剣道場において卓球と他スポーツを同時に行うにあたり支障が無いようにすること・体育館、内装の維持管理のための防球ネット設置
施工経緯 お客さまからのご依頼

この体育館は主に柔剣道場として使われていましたが、柔剣道以外で使用する時もあるため防球ネットを設置したいとのご要望でした。

具体的には、卓球を行うこともあるとのことです。
そのため、ネットの網は従来体育館で使用するものより細かいものを設置しました。

写真を見ていただければ目の細かさが分かると思います。

今回の主な目的は、卓球と柔剣道を同時に行う際に邪魔にならないことですが、フットサルのようなボールに力の加わる球技を行う場合、施設において壁や照明などの管理が大変になります。
防球ネットなど新たに設置することで、安心して貸し出すことができるようになるのではないでしょうか?

実際に、お客さまの中には防球ネットを四方に設置したいなどのご要望があります。
コートラインプロでは、防球ネット設置における概算見積もりをお出ししています。
また今回工事のように、新たにスポーツができるように環境を整えることで、施設利用の幅を広げることができます。

現場は学校だったため、施設の利用は生徒によるものがほとんどですが、社会体育館や民間施設などの場合、利用者を増やしていく必要があります。
基本的にスポーツ施設はどのように使われたいかによってターゲットが変わってきます。

  1. スポーツ消費者市場全体を均一的なものとして、スポーツを行う施設
  2. スポーツ消費者市場の中でも、他の施設と違うスポーツを行う施設
  3. ある特定のスポーツに特化して行い、その顧客に狙いを定める、特化型のスポーツ施設

今回は2におけるものですが、体育館で利用できる種目が広がることで利用者の増加が期待できます。
しかしながら、体育設備が増えることも理解しなければなりません。
設備が複雑になればなるほど維持管理は難しくなりますしコストも掛かります。
対象となるスポーツにおいて設備が多く必要となる場合には維持管理費用の面も考慮しましょう。

体育館防球ネット設置前です。体育館のスポーツフロアーは状態が良いですね!!
定期的なメンテナンスによってフロアコンディションが良好に維持されています。

防球ネットを吊る金具やワイヤーを設置していきます。

必要な金具などを取付、防球ネットを設置していきます。

防球ネットを取り付けました。

防球ネット設置後、開閉確認を行います。

お客さまにも仕上がりを確認していただきました。
これで隣で卓球をしてもボールが転がってきませんね!
ありがとうございました。

防球ネット設置