The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

体育センター床研磨塗装について

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 某社会体育館
施工内容 アリーナ全面研磨・ポリウレタン樹脂ワニス3回塗り・バスケットボールコートライン塗装・ミニバスケットボールコートライン塗装・6人制バレーボールコートライン塗装・バドミントンコートライン塗装
目的 体育館アリーナの床改修工事
施工経緯  お客さまからのご依頼

体育センター床研磨塗装のようす

こんにちは、コートラインプロの保坂です。

本日は、体育センターの床研磨塗装工事に来ています。
体育館床の下地とフローリング張りは、違う施工業者の手によって行われました。
そのため、私たちが行う工事は、床研磨塗装及びスポーツコートライン引きになります。

本工事は、どちらかというと応援という形です。

繁忙期には、どこでも忙しくなりますからね~特に床屋は休み中の工事が多いため対応に追われます。
しかし、休みが終わるとパタッと関連工事が少なくなるわけで、そういった経緯もあり、他の職種をマスターしている職人さんが多いんですよ。

コートラインプロでいえば、体育館の床だけでなく、マンションやアパート・戸建て住宅の床まで依頼を受けていますし、ウッドデッキや内装工事なんかも行っています。
お陰様で年中通して仕事が確保されるんです。

まぁ、職人さんも求められることが昔とだいぶ変わってきているため、年配の職人さんなんかは大変だと思います。
建築ラッシュの時代には、下地処理専門の職人さん、張り専門の職人さん、仕上げ塗り専門の職人さん、コートライン専門の職人さんまで居たんです。
それだけ仕事量が豊富だったんですね。

専門に行うことで、次のような効果が考えられます。
☑ スピードが上がる
☑ ずっと同じようなことをしているので仕上がりが良い
☑ 車などに道具の入れ替えの必要がなく、労力が少ない
☑ 副資材や材料も同じものを使うので、それほどストックに気を遣う必要がない
次から次へと現場に移っていくことで、現場を効率よくこなしたんだと思います。

一方、現在のように、ある程度の公共工事の量の場合、効率化などより管理のしやすさが求められます。
物件量が減ることで、次のようなことが求められました。
☑ 鋼製床下地からフローリング張り、ウレタン塗装仕上げまで、1社で出来ること
☑ より多くの職種を請け負える体制を整えてほしい
☑ 多能工の育成
☑ 技術者・管理技術者の常駐体制

近年になると物件をこなすと言う考え方ではなく、管理面の効率化をはじめ、どのような職人が手掛けたのか透明性を求められるようになりました。
例えば市の建物だったら市や市民のためにしっかりとした建物を収めてもらわなければ困る訳で、しっかりと間違いのない仕事をしてもらう必要がありますから。

勝手な分析すいません。
私なりに解釈してみました。
職人さん求められることは、時代背景によって変わっていくのだと考えています。

コートラインプロでは時代閉経を踏まえ、次の時代に向けての取り組みを開始しています。
それでは、施工レポートです。

床改修(床下地・フローリング張り)後に床研磨塗装を行っていきます。
張りたてのフローリングは白木できれいですね!!

こんな、きれいなのに何で削るんだって思う方がいるかもしれません。
実は、張りたてだとフローリングに目違いなどができるんですよ。

また他職やフローリング職人による施工に際し接着剤や汚れが着くんです。
そのため、研磨が必要になるんです。
ドラムサンダーによって削っていきます。

研磨による削り(下地処理)が終わったら、ポリウレタン樹脂塗装を行っていきますが、中塗り後にスポーツ競技用のコートライン引きを行っていきます。

バスケットボールコートライン・バドミントンコートライン・バレーボールコートラインを引きコートライン引きが完成です。
その後、ポリウレタン樹脂塗料仕上げ塗りを行います。

仕上げ塗りのようすと、仕上げ塗り完了のようすです。

きれいですね。先生も生徒さんも喜んでくれることでしょう。
コートラインプロへの体育館床研磨塗装のご依頼ありがとうございました。
最後までご覧いただきありがとうございました。