The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

フローリングの保護とメンテナンス

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

記事内容 フローリングに使われる塗料について
目的 フローリングを塗装する際の塗料の種類について

こんにちはコートラインプロの保坂です
フローリングの保護とメンテナンスとしては、塗装をするかワックスをかけるといった方法があります。大まかに3種類あります。

・自然塗料

植物などを原料とした環境に優しいものなので、小さなお子様のいるご家庭でも安心してお使いいただけます。また、塗り直しも自分でできるといった点もあります。

ただし、表面に浸み込むだけのものなのでキズには弱いです。

・ウレタン塗装

塗膜で木材を覆ってしまうことで、キズに強く水や油などを弾いてくれますので、掃除が楽といった点があります。
ただし、塗料の密着性を上げるための下地処理など、塗装の際は専門家にお願いした方がよいと思います。

・ワックス

ワックスにも様々の種類があり、天然のワックスから一般的なものまで多種あります。

無垢フローリングに使用されるのであれば、蝋(ろう)を主成分としたワックスが良いかと思います。
汚れは付きにくくなりますが、蝋なので柔らかく、強度と耐久性がないので頻繁に繰り返し塗らなければなりません。

・高硬度樹脂

シリコンコートやUV塗装・ガラス塗装などがあげられます。
フローリングに対しさまざまなメリットをもたらします。
いつまでもきれいが長持ちしたり、すり傷が付きにくかったり、大理石のような光沢になったりと、お客さまのライフスタイルによってフローリングのメンテナンス方法を考えてみてはいかがでしょうか?
また、キズをそれほど気にしない、無垢の肌触りや質感を楽しみたいというのであれば表面を塗装しないという選択肢もあります。
水気さえ気を付けていれば問題ありません。