The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

熊谷市スポーツコートライン引き(塗装)について

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 学校施設(屋内運動場体育館フローリングフロアー)
施工内容 体育館フローリングフロアー・バスケットボールコートライン変更工事
目的 既存のバスケットボールコートラインを新ルールに適応させるため部分的に書き換える
施工経緯 お客さまからのお問い合わせ

熊谷市スポーツコートライン引き(塗装)のようす

おはようございます。
コートラインプロの保坂です。

本日は、バスケットボールコートライン引き替え工事についてレポートしていきます。
先日、中学校のバスケットボールのコートラインを書き換えてきました。

バスケットボールのルールが変わったためにコートラインも変わったんです。
ですので、引き換え工事となります。
この体育館では、バスケットコートが3つあるため、なかなかの大工事となりました。

赤色がメインバスケットコート、白いのがサブバスケットコートで2つあります。
こちらの体育館のフローリング、とても状態が良いです。

日頃からきちんとメンテナンスされているのでしょう。

聞くところによると8年前に1回、全面を研磨塗装したそうです。
職業柄、いろいろな体育館施設を訪れるのですが、、施設担当者様からは、メンテナンス方法を聞かれることが多々あります。

今回は、普段から実践できる適正な床寿命を維持する方法をご紹介させていただきます。

・普段からのモップ掛け(つやだし剤のついていないもの)はフローリングの良い状態を長期維持するのに非常に重要です。
・モップ掛け後はモップについた埃や砂を払い落とし、定期的に洗濯をしてください。
・体育館使用前にモップ掛けをすると、前日に舞い上がり、翌朝落ちてきた埃を取ることになるので、スリップ防止に効果的です。
・外部から砂、埃、ワックス成分を持ち込まないように出入口には足ふきマットを置いてください。
ウレタン塗膜が剥がれるおそれがありますので、ラインテープの代わりにガムテープなどは使用しないでください。
・ラインテープを剥がす際に、一度に急いで剥がすとポリウレタン塗膜が剥がれてしまうおそれがありますので、斜めに少しずつ剥がしてください。(下記写真をご参照ください)

以上のようなことを実践していただければ、体育館床の寿命は維持できるでしょう。
その他、ご不明な点がありましたらご相談ください。

コートラインプロのスポーツコートライン引きについて

スポーツコートラインの新設及びメンテナンスについて(はじめに) スポーツ競技用コートライン引きのようす時の経過と共にスポーツフロアの表層が痛んで、コートライン...

 

コートラインプロのスポーツコートライン施工事例について

スポーツコートラインプロのコートライン施工事例についてコートライン施工事例一覧             &...