The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

バスケットボールのルール改正に伴うバスケットコートライン変更・ウレタンメンテナンスについて

事務hori

みなさん、こんにちは、コートラインプロの堀です。
コートラインプロでは、スポーツフロアや器具の工事のこと、施設や器具のメンテナンスのこと、スポーツ競技のことなどの記事を随時更新しています。今後も改善を重ねより分かりやすいサイトを目指します。

保坂司
ツカサ

具体的にどんなことかと言えば、例えば、体育館スポーツフロアーのメンテナンスにはどのような用品を使えば良いか!スポーツフロアがどれ位痛んでいたら、どのような工事が必要になるかなどを掲載しています。またお客さまからご要望の多い質問何かもQ&A方式で回答しています。

施工場所 公共施設(屋内運動場体育館スポーツフロアー)
施工内容 体育館スポーツフロアー・バスケットボールコートライン変更・ウレタンメンテナンス
目的 既存のバスケットボールコートラインを新ルールに適応させるため部分的に書き換える・ウレタンメンテナンスを行いフロアコンディションをより良い状態に
施工経緯 お客さまからのご依頼

バスケットボールのルール改正に伴うバスケットコートライン変更・ウレタンメンテナンスのようす

皆さん、こんにちは!!
コートラインプロの保坂です。

今回は、以前行った体育館メンテナンス工事を報告させていただきます。
内容を説明させていただきますと、バスケットボールコート2面を新ルールコートに部分書き換え工事(色も水色~白に変更)
そして全面をウレタン塗装にて仕上げさせていただきました。

いわゆる「リ・サーフェス」です。

新しい単語が出てきましたねぇ!!

最近は、なんでも横文字にするから正直おじさんには辛いです。。(切実)

この「リ・サーフェス」、簡単に言えば「再塗装工事」とでもいったものでしょうか?
ただし、ただ単純に再塗装工事ではくくれない奥深さがあるんです。

いやぁ、この仕事って本当面白い!!だからこそ、やめられない・止まらないですね。
そういえば、つい最近哀しいニュースを見ました。

あの明治製菓「カール」が販売低迷などを理由に中部以東での販売を8月で終了するんだそうです。(涙)
あっ、カールは「それにつけてもおやつはカール」でしたね!!(笑)さっきのはカッパ海老せんでした。。。

このリ・サーフェスの施工内容を説明させていただきますね。

まず、下地調整を行います。
現塗膜面の汚れを除去すると共に、塗料の密着を高めるために目荒らしを行います。
この作業を怠ると後々、ウレタン塗料が剥離してしまいます。
床面を清掃した後、ウレタン塗装掛けをして完了となります。

こちらの体育館、フローリング表面の塗膜が全体的に薄くなっており、競技するには、滑りやすくなっており危険な状態でした。
しかし、研磨塗装工事ほどの痛み具合では無かったのとワックスが一切掛かってなかったことから、今回のリ・サーフェス工事となりました。

ちなみにワックスが掛けられていると、ワックス剥離作業が必要となります。

ですが、この作業には、大量の薬品・水を使用するためフローリングを痛めてしまう可能性があるんです。

また、長年ワックスが塗布されておりますと完全に除去はできないため、塗料の密着不良を起こしてしまいます。
コートラインプロでは、このような場合、研磨塗装工事をお薦めしております。

本工事にて、床の美観はもちろん、各競技に適したグリップ力も戻ったことでしょう。

この後のメンテナンス法としては、ワックス掛けは厳禁、空モップ掛けのみでOKです。
部分的に汚れてしまった箇所は、中性洗剤にてふき取っていただければ結構です。
そして、3~4年に1回この「リ・サーフェス」をすることで木床の寿命は更に延びることでしょう。