シャトルボールってどんなスポーツ!?

スポ女チエ

私の通っている大学でシャトルボールサークルってあるんだけど、どんな競技か知ってる?楽しいみたいなんだけど…

ツカサ

シャトルボールは今から30年ほど前に大学生が考案したスポーツとされていて、日本以外では中国や韓国といった国でも普及し始めた競技なんだよ。
ルールはともかくボールとラケットの形からラクロスに似ているかな。

多くのスポーツが世の中には展開されており、自身にピッタリなスタイルのスポーツで楽しむ事が出来ています。
そんなスポーツの中にも古くから伝統ともなっている物もあれば近年に入ってから誕生したスポーツも数多くあります。

【大学生が考案したスポーツ】

その中には1989年に新しいスポーツを求める大学生によって考案された「シャトルボール」もあります。

そんな近年、最も注目されているシャトルボールについてご紹介します。
シャトルボールは日本に古くから伝わる「お手玉」の様に両手を使用する動作やカヌーで使用される「バドル」が参考となり誕生したスポーツです。

使用されるバーには繊維質の柔らかい素材で作られた網のバスケットと樹脂で加工された硬いカゴのようなバスケットが付いており、このバスケットを利用してボールをパスしたり投げたりするスポーツです。

ボールをシャトル(往復)させる事からシャトルボールと名づけられました。

【シャトルボールのルール】

シャトルボールは1チーム6名で参加し、相手ゴールへシュートする事でポイントとなります。
ただシュート位置はどこから行えるものではなく、シュートラインの外側から行う必要があります。

ボールをキャッチしたら4歩以上歩けない事や、4秒以上キープする事が出来ないというルールもあります。
そんなシャットルボールの大きな魅力は「いつでも・どこでも・気軽さ」となっているのです。

ボールを使用する多くのスポーツは一人ではなかなか楽しめませんが、バスケットが2個付いている事で、一人でボールをシャトルする事も出来ますし、2人以上ならゲームや交互にパスしあるキャッチプレーが行える事で、ちょとした空き地や公園は勿論、体育館等の施設でも楽しめるスポーツともなっています。

また同世代同士が集まる事で、年齢に応じたスピードで楽しめる点が高齢者でも無理なく楽しめるスポーツとなっています。
日本生まれシャトルボールはメディア等で広まり2008年には韓国で協会が設立され、2009年には中国でも協会が設立される程人気が高まっているスポーツです。

シャトルボールは日本のみならずアジア各国で人気となり、世界的にも今後普及していくと思われるスポーツとなっています。