The following two tabs change content below.
アバター
保坂司
【資格】2級施工管理技士/1級フローリング技能士/木製床管理者/体育施設管理士/有機溶剤など【仕事】床職人歴20年のベテラン、体育館床・スポーツフロアはもちろんのことマンションや公共施設の床工事を数多く手がける。現在も職人&営業で奮闘中。【想い】ビジネスパートナ様と共に伸びゆくために取り組んでいきます。【本人より】為になる記事を精一杯書いていきますので読んでいただけたら嬉しいです。より良い提言・より良い提案ができるよう更なる知識の向上に励みます。

ケガを予防するおススメウォーミングアップ

スポ女チエ

運動をする前には絶対にウォーミングアップをする必要があるけど、ウォーミングアップにも種類があるんでしょ?

ツカサ

運動前は体を動かす前提だから、体を温めて動きやすい体に準備しなければいけないよ。
体を温めて、寒さで硬くなった筋肉を、ほぐす事で運動した時に怪我を予防する事ができるのさ。

皆さんは運動する前に必ずウォーミングアップをしていると思います。

日ごろから運動する人は特にウォーミングアップの重要性を理解されているのではないでしょうか。

逆に普段から運動の習慣がない人がウォーミングアップせずにいきなり運動すると、ケガや肉離れなどの原因になることはご存知だと思います。
少し面倒に思うかもしれませんが、きちんとウォーミングアップすることで、ケガを予防するのはもちろん運動のパフォーマンスも向上に期待できます。

静的ストレッチと動的ストレッチについて

ケガを予防するためのウォーミングアップとしてストレッチを行う人も多いかもしれませんが、実はストレッチではウォーミングアップにならないということが最近はわかってきています。

ウォーミングアップで最も大事なのは、体温を上げて筋肉を温め、動かしやすくするということ。
それに対し、ストレッチは筋肉を伸ばして、キープするという動き。

こういう、一般的に行われているストレッチのことをスタティック(静的)ストレッチと呼ぶのですが、このストレッチを運動前にすることで筋肉が一時的に伸びきって弾性が失われ、運動のパフォーマンスが低下してしまう、ということが海外の研究でわかっているそうです。

こういったスタティックストレッチは、運動後のクールダウン時に行うのがより効果的でしょう。
なので、運動前のウォーミングアップとして最も適しているのは、体を温める軽いジョギングと言えます。

軽くジョギングしておくことで体や筋肉が温まり、筋肉の柔軟性もアップし、スムーズに動けるようになります。
そして、先程スタティックストレッチはNGだと書きましたが、逆の「ダイナミック(動的)ストレッチ」が運動前のウォーミングアップとして適しています。

ダイナミックストレッチで代表的なものはラジオ体操です。 その他、サッカー選手などが練習で行っている、体を動かしながら走ったりする動きもダイナミックストレッチです。
具体的には、手や足などを回したり動かしたりしながら、筋肉をほぐして温めるストレッチということですね。

例えば野球選手の前田健太選手が行っている、肩甲骨をまわす、いわゆる「マエケン体操」もダイナミックストレッチになります。
運動前にこういったストレッチを行っておくことで、しっかり筋肉が温まり、ケガ予防につながります。
特に寒い時期は入念にストレッチをしましょう。

床研磨塗装・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事のことならコートラインプロへ

コートラインプロでは昭和46年の創業から床研磨塗装・フローリングーサンディング・スポーツフロア―メンテナンス・屋内スポーツ設備工事・体育館床金具工事などを手掛けてきました。
そのため数多くの実績があります。まずはご相談ください!